@さすがに自宅

 

 

この原稿を書いているのは、メルマガ送信の都合上、29日の夜に書いてます。

今日30日は、朝はマシとしても、どんな感じの日中になるのか、全くわかりません。

 

でもおそらく、前回の台風21号と同じような感じで、ものすごい風と雨になってるんでしょうね…

 

ホント、台風の被害が少なくなるように祈るばかりです。

 

今年は、台風12号の被害に始まり、大雨、大阪北部大地震、そして台風21号。

さらに、今回の台風24号の被害です。

これも、地球温暖化の影響なんでしょうかね?

 

なんなんや、これ!って感じですよね。

この台風24号は、沖縄で最大瞬間風速が、65mとも予想されています。

 

いや、この65mも近畿地方でも予想されています。

恐ろしい…

 

あなたは、こんな動画をご存知ですか?

これは、国連の世界気象機関(WMO)が、気温上昇が日常生活にどのような影響を与えるのか?を、わかりやすくした動画を作成しました。

日本版は、NHKが制作を担当しています。2050年の気象予報などを予想したものです。

<動画は、こちら>

こちら:https://m.youtube.com/watch?v=TpQPOQABPxU#menu

 

 

衣食住は人間にとって欠かせないものです。

特に住居は、安心感があってこそです。

 

確かに、オシャレ。住み心地。暮らしやすさ。使い勝手…様々あると思います。

でもその場所での安心感があると言うのは、1番大きな根底のものではないでしょうか。

 

これは、どの年代でも、どの間取りでも、どのエリアでも、使えるコンセプト。

 

となれば、あなたの物件にも、このコンセプトは必ず入れるべきでしょう。

 

 

さて、この台風について。

前回の被害で様々学ばれた、賢明なあなたなら、飛んでいきそうなものは、既に対処されていると思います。

 

でも、「ちょっと気になるから、川が増水を確認してくる」など、間違っても外には出ないでください。

どーしても、川の増水が気になる場合、大きな川だと定点カメラで確認することもできますよ。

この辺りは、ネット社会。動画が見れます。

 

台風の二次被害・三次被害で、よくあるのが、こういった台風当日に、どれだけ注意されても川などを確認に行く人、家の周りに危ないものがないか?を見に行く人が怪我をしてしまった人のニュースが出てきます。

 

気持ちは、よーくわかりますが、ここは我慢してください。

 

川の増水に関しては、先ほどの定点カメラ以外に、ダムの放流にも注意していれば、ある程度の判断ができるかと思います。

その辺も、うまく情報収集をしてください。

 

とは言いながら、情報過多というか、デマもあったりしますから、難しいところですが…。

 

あと、各行政区が出してるハザードマップは、ご存知ですか?

 

洪水ならこのエリア、土砂ならこのエリアなど、項目別で作られています。

エリアによっては、洪水は大丈夫だけど、土砂がダメといったエリアも、もちろんあります。

しっかり、ご自宅の安全もご確認くださいね。

 

そして、台風が通り過ぎるまでは、安全な場所で待機をしてください。

ご自宅が安全なら、ご自宅が一番です。

 

ところ、こんな情報時代だからこそ、この情報を伝えると言うことも、あなたの収益物件を、うまく生かす中で必要なことになります。

 

物件情報に載せる情報を、いかに魅力的に見せることができるか?

 

ただ、嘘はダメですよ。

現地に来た人が、がっかりしたその落差が、非常に大きくなってしまい、決まらない物件になってしまいますから。

 

 

ともあれ、台風対応には十二分にご注意してください。

もし、その場で雨漏りがあったとしても、屋根に上がるなんていうことやめてください。

 

物件でも、ご自宅でも雨漏りを発見した場合は、ウチまでご連絡ください。

ウチのスタッフや、私が対応しますから、そこは安心してください。

それではまた明日。

 

ー岸下 大輔