@オフィスにて

 

 

先日、自宅でテレビを見ていた時に、現在の引きこもり問題について放送していました。

20~40歳までの場合と、40~64歳の場合とでは、40~64歳の引きこもりの割合の方が多いんだと。

 

しかも、その年齢層は40代が38.3%、50代が36.2%、60~64歳が25.5%だと。

 

最近は『8050問題』という問題とも絡んでいるみたいですね。

 

私には中学生の子供がいるので、若い子の引きこもり問題は知っていたのですが…。

 

ひきこもりって、若い子だけではないんですね。

 

 

実際、40~60歳以上の方の引きこもり期間は、約半数以上が5年を超えるんだとか。

高齢化が進んでいるせいか、こちらも高齢化が進んでいるんですかね。

 

このニュースを見ていたうちの子は「大人はすぐ、『最近の子は…』とかって子供に言うくせに、大人の方がひどいやん」と怒っていました。

 

その言葉を聞いて、アラフォーの私としては耳が痛い。

 

男女差に関しては、男性が76.6%、女性の方が23.4%と、圧倒的に男性が多い結果となりました。

 

女性はコミュニケーション力の高い人が多く、外とのつながりを継続しやすい。

ですが、反対に男性は一度何かしらのきっかけがあると、完全に外とのつながりを途絶えてしまう人が多いそうです。

 

それに加えて、先ほど言いました『8050問題』。

80歳の親が50歳の息子の養育をしているという問題です。

親の年金や財産をあてにして、子供は仕事もせずに家に引きこもる。

 

その結果、働き盛りのはずの40歳代の子供が、社会と断絶し昼夜逆転の生活を送ると。

 

そんなときに、依存していた親が病気になってしまったら…、考えたくない結果になることもあるかもしれませんね。

 

 

親である私としてみたら、わが子がそんなことになってしまったら…。

 

いや、私がそうなる可能性があるという、まさしくアラフォー。

私の方が危険なんですね…。

 

それも、また想像したくありませんが。

 

 

まだ、両親と同居していたら何とか生活できますが、一人暮らしで引きこもってしまう場合もありますよね。

 

なかなか社会復帰できず、その結果、起こるのが孤独死です。

 

 

ある40代の人が、離婚、退職をきっかけにひきこもりになり、数年後に室内で孤独死をしていて、数か月間発見されなかった。

 

でも、そんなことは今どき珍しいことではない。

 

その上、ペットも飼っている場合もあり、発見されたときにはペットと共になくなっていたり。

その場合の異臭は、想像を絶するそうです。

 

そして、その後の特殊清掃費や、家具や荷物の処分などの費用を、遺族が必ずしも払ってくれるとは限りません。

 

その料金を払うか払わないかで、マンションのオーナーと訴訟になったケースもあるとのこと。

 

引きこもりになっている人は、借金の問題を抱えている人が多いらしく、遺族とうまくいっていない場合も多い。

 

若いころにDVや虐待を受けていた場合は、家族との縁を断絶している人も多く、連絡が取れないこともあります。

 

家賃を延滞している可能性もあるので、清掃費も延滞している家賃もオーナーが負担することになり、ますます問題は大きくなりますね。

 

 

あなたがもし当事者になったら、引きこもり問題に対応できますか?

 

 

―プランナー ノリコ