@オフィスにて

 

 

読むのが面倒…という場合は、次のURLから動画をご覧ください。

動画で同じ内容を話しています。動画の場合、倍速で聞けば時間はさらに短縮に♬

ご活用ください。

クリックして動画を見る

 

 

今日も賃貸経営に関する小手先テクニックを紹介しますね。

 

と本題に入るその前に…

「最近のお部屋探しをする人は、どうやってお部屋探しをすると思いますか?」

 

 

確かに、仲介店の店先に間取りが貼り出してあって、それを見て興味を示す…。

募集している物件が多数掲載された雑誌など見て…というパターンもあると思います。

 

しかし、圧倒的に多いには、やはりネットで調べるということです。

スマホなら専用アプリを使うかもしれません。

どちらにおいても、ご自身でネット使い、当たりをつけ、仲介店に出向くことが多くなりました。

 

 

ここがポイントです。

すでに、貴方の物件は候補から外されているかも知れません。

 

どういうことか?と言いますと…

このネットで探す場合、エリアや電車の沿線、駅からの距離や間取りなど、様々な条件で候補を絞り込むことができます。

 

もちろん、その中に家賃も含まれます。

 

で、その家賃の検索設定ですが、5000円区切りになっています。

例えば、家賃5万円のお部屋と、53000円のお部屋と55000円のお部屋は、同じ条件の適用として検索されます。

 

仮に全体の検索ボリュームが、5万〜55000円が多い地域だとします。

 

あなたの物件の家賃設定が、56000円の場合、すでにこの候補から外れているということです。それを逆手に取る場合、55000円に下げると検索される可能性がアップするということになります。

 

ここがポイントなのですが、検索数が増えると、認知される数が増えるということです。

そして、自ずと成約数も比例します。

 

つまり、あなたの物件もご成約になる可能性が上がるということです。

 

この検索数アップは、先ほどの56000円から10%以上ダウンの5万円にしても、1%強ダウンの55000円にしても、同じ効果ということになります。

 

値下げした分は、敷金や礼金、管理費等で調整することも一案です。

この辺りは、関東や関西などの各地域により違いがあるので、地域の実情に合わせるといいでしょう。

 

 

このテクニック、逆に言うと現状が5万円の家賃だったとして、55000万円に値上げしても同じ検索結果になります。

 

ぜひ、家賃値上げで募集する際は、このようなことも戦術の一つとして活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

値上げする側も、本当に大丈夫かな?って思うことありますよね?

 

よくわかります。値上げって本当に抵抗があります。

しかし、この方法なら検索結果も同じなので、精神面も保ちやすいのではないでしょうか?

 

仮に5万円の家賃だったとして、55000万円に値上げできた場合、年間で10%も収益アップに繋がります。

 

丸ごと利益なので、他の投資への準備金にしたり、修繕費用、税金支払いに使え、もちろん使わなかった場合は、もろ収益に直結します。

 

ぜひ、活用してください。

 

 

最後に、このテクニックを使う際、事前にネットや専用アプリなど、実際にご自身がご使用されることをお勧めします。

 

ご自身の物件がどう掲載されているのか?どんな検索条件があるのか?それを利用できるものは?など、いろいろ出てくると思いますよ。

 

そこでの閃きは、非常に重要なものになりますよ。

 

あなたの物件は、どのように掲載されていますか?

 

 

 

PS

YouTubeチャンネル「きょうと満室計画」がスタートしました。

このチャンネルは、登録者を増やして、多くの方に見て欲しい!と作ったチャンネルではありません。

 

貴方にだけ、見てもらえれば…、お役に立てれば…と撮影しています。

 

また、文字のテキスト情報より、動画の方が情報量も多く、倍速で聞き流してもらえれば、お手間も取らせません。

 

ぜひ、チャンネル登録をしてくださいね。

チャンネルはこちらです。

https://bit.ly/3ifvaki