@事務所より

 

先日、ある先輩と電話していたときのこと。

 

岸下「台風関連の仕事、多くないですか?」

先輩「多いなぁ。もともとあった仕事に、支障をきたしてるわ。めっちゃまずい。」

その先輩は、職人さんではなく、工務店をされている方。

本当の同業種です。

 

先輩「最近、職人捕まえることできる?」

岸下「いやぁ、業種にもよりますけど、難しいですよね」

 

職人も連絡を受けて、現場に来たり、やるってなると、その現場を納めないといけない。

これがあるので、今の仕事が目一杯になると、電話すら出ない人もいます。

 

先輩「それだけなら、まぁまぁって感じやけど…

 

材料も入って来ーへんくない?」

 

そうなんです。

今、ゼネコンレベルだと、本当に建築ラッシュと言っていいほど。

 

普段なら、2〜3日で手に届くものが、1ヶ月先って納期回答が出ることも。

まったく、先にが見通せない。

 

東京オリンピック特需で、関西から職人が減っていることにも原因がありますが、関西・京都でも同じような建築ラッシュです。

 

そこいらで立っている足場は、何も台風被害によるものだけではありません。

 

建築といっても、住宅関連より、ホテルなどの宿泊施設、会社の倉庫、社屋等が多いみたいです。

 

それだけ、景気も回復傾向なのでしょう。

これも増税への駆け込み需要の一つでしょうが、それはいいことです。

 

しかし、その建築ラッシュだけで、建築資材がかなり取られている状態です。

設計士の方から聞いた話です。

 

躯体に鉄骨を使っているのですが、その製造工場が「これ以上は受けられない」と言われているようです。

 

鉄骨に限らず、ほかにも、不足しているものが多いです。

 

しかも、軒並み、資材が値上げされてきています。

資材に関しは、今に始まった話ではありません。

 

コンクリートなんかは、すでに高騰しています。

 

分譲マンションの価格が高騰しているのは、実は建築材料費が高騰、また、人件費の高騰が原因となっています。

 

分譲マンションの営業の方と話したとき、買い替えのお客様から必ず言われることは、「価格が高くなった」と言われるとのこと。

 

10年前と比べ、同じ広さ・間取りだと、かなりの差になります。

 

もし、あなたが今、新たな物件や施設を建築しようかな?と、頭の中でお考えなら、その価格上昇は描いておいた方がいいですよ。

思いの外、コストが上昇していますから。

 

AIが発達したら、建築コストは下がるのでしょうか?

しかも、ここにきて、北海道での製造されたものが、流通していなかったり、関西方面の大雨・地震・台風被害から、流通が止まっていたりと、さらに追い打ちをかけている状態です。

 

職人も捕まらないのに、材料もない。

目の前に仕事があるのに、なんやろ、これ…って状態です。

 

こういつ価格の上昇に、今より、もっと価格の安い業者に走るのもいいと思いますが、安さには限度があります。

原価が掛かりますから。

 

それに、職人はある面で、価格に見合った仕事しかしないケースがほとんど。

手を抜かれても、素人にはわかりません。

 

ウチも、もちろん、価格の維持を常に意識し、必要であれば仕入れ先の変更も検討いています。

でも、安過ぎる問屋には裏があったりするもんです。

 

職人を含め、品質の維持とのせめぎ合いもあるので、なかなか難しい問題です。

 

と危険情報のような、愚痴のような情報ですが、すべて受け入れて、前を向いていくしかありませんよね。

 

こうなると、あなたに言えるのは、今後の価格上昇に対抗するため、今の物件で収益増になる方法を見つけていくしかありません。

 

今の物件の中で、空きスペースを活用するのも一つ。

また、今まで普通に使っているスペースを改造し、付加価値をつけることもなど。

 

例えば、屋外の駐輪場だったとします。

それに、壁と屋根、扉を設置。

 

防犯対策がされた、有料の駐輪場をつくるなど。

 

そう考えると、あなたの物件は、まだまだ収益を上げる可能性を秘めていると思いますよ。

 

 

ー岸下 大輔