家賃アップに欠かせない秘密を、今日はこっそり、無料でお教えします。

 

京都の大手管理会社が、家賃アップを行っていく際に、欠かせない要素として取り入れているものがあります。

この内容は、賃貸経営に関するコンサルタント業務を請けているオーナーのみ、有料でお伝えしている内容です。

その大手管理会社ではもちろん、弊社でも「それ」を実施して、家賃アップに繋がっています。

 

 

賃貸経営は、売上げにあたる家賃は固定化され安定経営になります。

しかし、逆に家賃設定次第で上限売上げが決まってしまうのも、これまた事実。

 

 

そこに、実際に家賃アップに繋がっている秘密があるなら、聞きたくないですか?

もちろん、今回は特別に無料でお伝えします。

 

 

なぜ、こんな提案をするのでしょうか?

 

 

理由は、二つあります。

 

まず一つ目。

弊社は、「大家さんの作った、大家さんのための会社」として、運営されている会社です。

普通の修繕業だけを行う職人さん、言われたことだけやる工務店さん、必要以上に高く請求される管理会社さんとも違います。

 

 

管理会社さんの下請けはしないものの、①オーナー、②管理会社、③弊社のトライアングルになるよう、会社のポジションを取っています。

この会社のポジションがポジションだけに、賃貸事業に精通した情報が、日々入ってきます。

今回は、その中で仕入れた情報です。

 

 

貴方には、このような情報を知って頂き、より良い賃貸経営を実現して頂きたいと思っています。

また、人が住むということは、地域活性化にも繋がります。同じ京都に住む者として、微力ながら京都の発展に協力したいと思っているからです。

 

 

理由の二つ目。

弊社のサービスをお試し頂いたり、工事をさせて頂きたいと願っております。

もちろん、無駄な工事をお勧めするのは、私の心情としても許せません。

 

 

そこで、「三方良し」の精神です。

「売り手よし、買い手よし、世間よし」

 

 

押し売りであれば、売り手だけが良しで、長続きしません。

無理な値引きや内容に見合わない場合は買い手だけが良しで、長続きしません。

ここでの「世間」を「入居者」にしてみると、入居者が喜ぶことをしておかないと、そもそも入居が決まらず、売上げに繋がりません。

 

 

そこで、私ども今回ご提供する「三方良し」が

  • 貴方は入居促進・家賃アップに繋がり嬉しい
  • 入居者も、内容に見合う、満足度の高い部屋が見つかり嬉しい
  • 弊社も受注に繋がり嬉しい

を目指すものとなります。

 

この「三方良し」だと、目的も明確になり、考えることも行動も楽になります。

 

 

家賃アップに欠かせないもの

 

 

では、発表します。家賃アップに欠かせないもを端的に表すと、「他にないもの」ということになります。

 

 

実際に、完全に「他にないもの」でなくとも、採用されている物件が少ないものであれば、それでも大丈夫です。

ただし、もちろん、おぉっ!と目を引くものでなければいけません。

 

 

もう一言付け加えるとすれば、入居者にしたターゲットに合わせた内容であることも重要ですよ。

オシャレな大学生をターゲットにしているのに、実用的なものでは、「他にないもの」の分類と認識されません。

 

では、どんなものがいいのか?一例として羅列してみますと…

 

  • 間接照明を多用する
  • オシャレな照明器具に変更する
  • インテリア格子を設置する
  • 壁クロスに一部アクセントクロスをつかう
  • ペット可物件にするために、キャットウォークの設置
  • ペット可物件にするために、犬の足洗い用の散水栓の設置
  • 入居者目線に立った、自分では準備しないがあれば嬉しいものの設置
  • オシャレな中に、使い勝手の良い収納
  • オープン収納
  • 壁面に収納を増やす
  • キッチンを、システムキッチンに入替
  • キッチンを対面キッチンに入替
  • ダイノックシートやベルビアンシートで、キッチンなどの意匠性を高める
  • 3点式ユニットバス(トイレ・洗面・風呂)のトイレを独立させる
  • 水廻りのリフレッシュ
  • UBの塗装
  • 外部の塗装を行う
  • リノベーションを行い、イメージを一新する  etc

ちなみにこれらの内容は、新築や築浅物件、その他のライバル物件を蹴散らす方法としても活用出来ます。

 

 

余談になりますが

 

 

もし、今の物件を今後も長期保有を前提に、出口戦略をお考えであれば、次のことに注意してください。

 

 

それは、まずこれらの方法を用いて、家賃アップや早期入居者確保をしてください。

 

そして、お部屋本来のグレードを上げるための資金を確保してください。

今回ご紹介している方法は、あくまで小手先のテクニックが含まれます。

本質的には、物件価値が上がって入居されているのではありません。

 

長期戦で考える場合、家賃アップまでいかなくとも、現状維持をさせていくためには、本質的な物件価値を上げることは必須です。

 

 

失敗例としては

 

 

これらの内容で、よくある失敗される例をお伝えしますと、

 

  • 自分のセンスを優先させて失敗

あくまで、入居するのは入居者です。年齢や趣味思考、性別を考慮する必要があります。「この色や柄は、自分の好みではない!」と言っても、見た人が気に入ることが最優先。しかし、失敗してもご自身の満足度が高いため、この失敗をやりがちです。

  • 中途半端で失敗

よくある失敗がこれです。「ここまでやっておいて、ここはこれ?」というものです。その多くは、予算に難があることが原因です。予算を多く使えばいいのではなく、適正な箇所に、適正な予算を掛けることが大切です。

  • そもそも言ってない、告知してない

 そもそも家賃アップを、管理会社に伝えていない。また家賃アップの希望額を、具体的に考えていない。

 

 

いかがですか? 失敗なく、家賃アップを実現できそうですか?

出来そうであれば、ワイロとしてお伝えした情報がお役に立て、私としても嬉しい限りです。

応援していますので、ぜひ頑張ってください。

 

 

実際、物件の設備状況・エリア・築年数・入居者層・間取りなどによって、取り組むべき内容は全く違います。

もちろん、失敗の可能性も上がります。

 

 

それでなくとも、選択肢が多くて、何から手をつけていいかわからん。

でも家賃アップをさせていきたい。

無駄な時間を使うよりプロに任せたい。

失敗したくない。

今はいいけど、今後の入居に不安がある。

管理会社に任せっぱなしで、少し不安もある。

そもそも、家賃アップ出来んの?とお思いの方には、こちらをご利用ください。

 

 

今回は、家賃アップの無料相談を、実施させて頂くことに致しました。

 

 

まず、お気楽に「インターネットのホームページを見た」ご連絡下さい。

 

もちろん、ご存知の通り、無理強いをするような売込みは行いません。

やらなくて良いものをやるような、費用の無駄遣い提案は行いません。

 

大変、申し訳ありませんが京都市近郊の大家様、ビルオーナー様に限らせて頂きます。

メールでも受付しております。

E-mail : daisuke@manshitsu-kyoto.com

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。