@自宅にて

 

 

入退居が多いシーズンになりましたね。

 

退居の連絡が入ると、また費用の心配があり、憂鬱ですか?

 

確かに、退居後のお部屋は、その退居者がどのように使用していたのかによって、オーナーの負担に大きな違いがありますよね。

 

掃除が行き届いていて、お部屋の使用がとても丁寧な方もいれば、平気で壁に穴を開ける方もおられます。

 

そして、工事が終わった後、次の入居がすぐに決まるかどうかが心配ですよね。

 

オーナーにアンケートを取ると、賃貸経営で1番多い悩みは、やはり空室です。

 

 

最近は、退居の多いシーズンということもあり、部屋のプランを考える機会が多く、私としてはいろいろな部屋を見ることができる時期でもあります。

 

その中で、自分が入居希望者なら、このお部屋に住みたいか?を基本ベースにプランを考えます。

 

 

今は、消費増税前のせいか、古い家を取り壊して、新築の戸建てやマンションを建てているのをよく見かけます。

 

実際オフィスの近くで、何年間も放置されていた古い建物を解体している工事が、何軒か立て続けにありました。

 

土地の大きさ的に、マンションかな?と思われるものもあります。

 

本当に最近は、新しいマンションの建築が増えています。

そして、解体される建物も。

 

私のいる地域では、1km圏内に2軒のマンションが建築されています。

 

確かに、3種の路線が通るとても便利な地域だと思います。

 

大阪に出るにも、滋賀に出るにも、そして京都市内に出るにも、その路線を使えば非常に便利。

 

でも、その脇で築年数が古くなった建物が、空室に悩んでいます。

 

 

実際、築年数が10年、20年という節目で、外壁や共用部に何かしらの対策を取っている建物は、見た目にその年数を感じさせませんよね。

 

それと同じように、年数がたてば室内の設備も古くなってきます。

なので、そちらも交換していかないと。

 

浴室やキッチンなどの設備の交換になると、工事費用が高くなります。

 

先日、工事依頼を頂いたオーナーは、毎回いろいろと改装されていますが、そんなオーナーでも、やはり設備の交換が必要な大型の改修工事は、躊躇されます。

 

お気持ちはすごくよく分かります。

 

私がオーナーなら、できる限りやりたくない。

 

やらなくていいなら、先延ばしにしたいです。

 

どうしても、入居が決まらなくて、仲介業者に「UBが…」とか、「キッチンが…」なんて言われたら、考えようかな…、なんて感じになりますよね。

 

でも、よく考えてみて下さい。

 

入居者の立場なら、どうですか?

 

その部屋に、何ヶ月もしくは何年も住むわけですよね。

しかも、居住費って毎月のお給料で比較的大きな出費になります。

 

だったら、それだけの費用を払ってでも、『住みたいと思う部屋』に住みたいと思うんです。

 

なので、仲介業者も入居希望者の条件を聞き出し、その中でも予算内で比較的キレイな、決まり易いお部屋を案内します。

 

仲介業者も、お客様の取り合いです。

できれば、自分の案内したお部屋に決めてほしい。

でも、内見は1日に行けても3、4軒。

 

だったら、やっぱり設備はキレイな方がいいですよね。

 

そして、キレイだけではなく、オシャレなものがいいです。

一気に見栄えが変わります。

 

例えば、クロスを新しく貼り替えて、アクセントクロスもして、いい感じになっていても、ユニットバスがサビていたら、とても残念です。

 

オシャレなものは確かに多少費用がかかりますが、その分1ヶ月も2ヶ月も早く入居が決まれば、その費用は決して無駄ではないと思うんです。

 

たとえ、そのお部屋が空いても、またすぐに決まるかもしれませんし。

 

最近は自炊する男性が増えたことで、キッチンがオシャレなのがいいと言う方は、非常に増えました。

 

あなたは、空室期間を延ばしても、費用を抑えますか?

 

 

―プランナー ノリコ