@オフィスにて

 

 

この時期は、引っ越しシーズン。

 

私のいるマンションは、業者がゴミの収集に来てくれるので、ゴミの分別をしなくてもいいマンションです。

 

全くしなくていいわけではないのですが、資源ゴミも生ゴミも一緒に捨てても、持って行ってくれます。

 

そんなわけで、もちろん京都市のごみの袋を使用する必要もありません。

 

何でも捨てられるせいか、この時期はゴミステーションが山積みのゴミになります。

 

たまにこんなものまで捨てていいのか?と思うようなものまで、袋に入って捨ててあります。

袋に入っているだけマシですが。

 

しかも、量が多すぎて蓋が閉まらなくなっているほどです。

 

 

毎日収集に来るわけではないので、ある程度その状態が続きます。

 

でも、ゴミは捨てられるので、入りきらないゴミはどんどん上へ上へと積み上げられていきます。

 

そんな中、やっぱりありますよね。

捨ててはいけないものが混じっている。

 

座椅子とか、プリンターとか、電気製品とか。

それらのゴミは、管理会社に「このゴミはこちらでは捨てられません」と、張り紙がされていますが、やはり誰も片付けませんよね。

 

ここからは、管理会社もある程度様子を見て、どう対応するか検討しているようですが。

 

 

その他にも、ベランダにゴミを放置している部屋だったり、共用部の廊下にゴミを放置していたり。

 

先日は、そのゴミをカラスがつついて広げてしまって、廊下が散らかり放題でした。

 

 

そういう時に、内覧なんかに行ったら、絶対に入居を決めようなんて思わないでしょうね。

 

 

たまたまそんなときに行ってしまったとしても、初めてそのマンションに来た人は、常にそういうマンションなんだと思いますよね。

 

やはり、共用部分なんで、共用で使う廊下やゴミステーション、自転車置き場などはきれいに使ってもらいたいですね。

 

ある程度、入居者のマナーの部分にはなると思いますが、入居して、同じマンションの入居者の状況を見て、マナー違反があったとしても、『そういうもんなんだ』とか、『そんなことも許されるんだ』という判断をしてしまったら、どんどん増えていくかも。

そんな連鎖反応はしてほしくないですよね。

 

そういう意味でも、初めのうちに「これはダメですよ」ってお願いした方が、後々の連鎖反応も少なくてすむ、ということですね。

 

なかなか、ご自身のマンションにはチェックしに行けないかもしれませんが、細目にチェックできるなら、それが一番ベストだと思います。

 

 

時々はご自身のマンションをチェックしてみてくださいね。

 

 

プランナー ノリコ