@自宅にて

 

 

いよいよ3月にも入り、特に学生向けの1Rタイプは、入退去シーズンの真っ只中。

ありがたいことに、ウチも工事依頼が、連日のように頂いております。

 

既に対応できない部屋も出てきたりして、なかなかのピリピリモードです。

 

あなたのところもこの波に乗って、内見希望者や空室確認の問い合わせが殺到してると良いのですが…。

 

もしそうでないのであれば、ちょっとアレを確認してみません?

 

 

そのアレとは、インターネットで出されている、あなたの物件の募集広告です。

 

募集広告って、案外見てないオーナーが多い。

どの商売においても、基本は営業がなければ、売り上げには繋がりません。

その営業のやり方が、物件によって違うだけ。

 

例えば、歴代の先輩から後輩に受け継がれている、学生マンションのある部屋。

 

この場合だと、入居してから常日頃、「次の後輩もよろしくね」なんて、声を掛け、その入居者さんに対する接し方も、気に掛けると思います。

 

この辺は、ある種「サービス」と呼んでもいいでしょう。

この心がけが、先ほどの営業に当たります。

 

「うちは管理会社に全て任せてるから」とするのもいいのですが、もし今、その反応が薄いのであれば、こちらが動いていきましょう!

 

 

残念なことに、あなたの物件は、あなたから見れば大切な物件ですが、管理会社から見れば、たくさん管理しているうちの1棟…。

 

この辺は、どうしても否めません。

もちろん、担当者も入退去シーズンに追われ、あらゆることに忙殺されています。

 

その環境の中で、反響が無いなりの理由があります。

今日はその一つ、募集広告にスポットを当てましょう。

 

 

なぜ、募集広告かというと、最近の入居希望者は、インターネットを通じて部屋探しをしてきます。

 

物件探しもそうですが、不動産会社も判断している場合もあるといいます。

 

 

で、その募集広告ですが、肝心なのは、まず「見易い」ということが大前提。

どんな事をいうより、やはり見易さが1番大事。

 

直感に訴えられるビジュアルほど、強力なものはありません。

 

 

そのビジュアルを、さらに強化してくれるのが、「写真の点数が多い」こと。

 

どうですか?あなたの物件の部屋は、写真点数が多いですか?

何枚以上だと、多い・少ないではなく、近隣物件と比較しましょう。

 

また今流行の360度カメラで撮影された映像や、VRでの内覧などもあると、さらに高評価。

 

もちろん、募集広告を作ってくれた会社によっては、掲載できる写真点数に限りがある場合もあるので、ここは注意しましょう。

 

この時に、ぜひ写真に収めておきたいのは、入居者から人気設備の写真。

 

例えば、独立洗面台や温水洗浄便座、モニター付インターホン等です。

あとは、Wi-Fi無料を訴えかけるような、ルーターの写真など。

  

 

もちろん、ただ単純に写真を撮るだけではなく、ちょっと工夫しましょう。

 

先ほどの独立洗面台であれば、その写真の隅に「独立洗面台」と名称を入れるなど。

写真を加工しなくても、パソコンで作成されたものをプリントアウトし、それが映り込むように写真を撮るでも結構ですよ。

 

ワンポイントの記載でも、いいと思いますよ。

写真点数に限りがあるなら、その中で少しでも多くの情報や訴えかけたい、知って欲しいものを、目立たさせるようにすることです。

 

 

ただしこれらの作業は、管理会社だからといって、また仲介の方に、無理矢理お願いをしても、それはなかなかやってくれません。特に今の時期は。

 

まだ3月の上旬。

「まだまだチャンスはありますから」と言って待ってるんではなくて、こちらで準備をして、チャンスを掴みにいきましょう!

 

あなたなら、募集広告どうされますか?

 

 

―岸下 大輔