@自宅にて

 

 

あーイヤだ…、憂鬱…。

「マイナスな言葉で、書き出すなよ」って思われたら、すいません。

 

だって、憂鬱なんですもん…。

 

でまた、自分の馬鹿さ加減にも、ちょっとうんざり…。

 

それはホント、ちょっと前から一気に始まったこと。

わかっていたはずなのに、なぜ対処しないんでしょうね。

 

それは何かと言うと、花粉症です。

 

昨日まで、ホント全然大丈夫だったんですよ。

何の兆候も、前触れもなく、今朝起きたら、やたらとくしゃみが出て、鼻水が洪水を起こしてまう。

 

目も腫れぼったい感じで、なんだかぼーっとする。

これって確実に発症してます。

 

少し前のニュースで、「去年は夏が暑かったから、今年の花粉はキツい」なんてのを耳にしておきながら、どっかでまだ大丈夫だろう、とか、治っているかも、なんて有りもしない幻想を抱いていました。

 

が、そんなのは幻想ですよ、全くの。

何もしてないんですから。

淡い希望は打ち砕かれ、めちゃめちゃ敏感に反応しまくってます。

 

私は花粉症歴30年以上のヘビーユーザーです。

 

幼稚園の頃から耳鼻科に連れられて行ってました。

当時は花粉症という名称自体が一般的でなく、今思い返すと、耳鼻科の先生ですら、対処に困惑してるような感じがする治療だったなぁと思います。

 

でも、数年前より即効性の注射で行う治療に味を占めたのか、年々対応が遅くなってきていたんです。

 

で、注射治療を卒業し、次の治療を模索している中で、対応が遅いままでいてしまい、今日のこの鼻水の洪水です。

 

 

わかっている、毎年のことなのに、なぜだかその当日になってバタバタする。

 

そんなこと、あなたにもありませんか?

 

 

例えば、この入退去シーズンに合わせて、いろいろ準備しておかなければいけないのに、わかっているはずなのに、その場で焦って対処する。

 

去年の失敗を踏まえて、うまくやろうと思っていたはずなのに、結局また同じミスをする。

 

やはり、習慣化されたもののようには、スムーズに活かししにくい。

 

でも、ある意味、当然ですよ。

だって、あなたはお忙しいですから。

 

賃貸経営もそうですし、本業もそう。

それ以外にだって、たくさんやることがある。

私の記事をお読みのあなたは、勉強熱心ですし、好奇心も旺盛です。

 

他にも気になることが、たくさんあるでしょう。

私もそうです。

 

 

こういう時に、ご自身でリマインダー機能を活かして、いろいろ工夫される方もいらっしゃいますが、より確実なのは、やはりチームとして取り組むという事。

 

一つの目標や目的に向かって、常々確認し合いながら進んでいける、互いがwin-winの関係を築けるチーム。

 

これがあると、「うっかり忘れてた」なんてことも防げますし、お互いにフォローし合うことだってできます。

 

 

ただし、このチームはあくまでもwin-winの関係が前提です。

こちらが強くて、相手が弱い。

それではいざという時に、踏ん張ってくれないことも確かです。

 

「いつ、そんなチームが作れるんだよ」というかも知れませんが、まさしく今がいいチャンスじゃないでしょうか?

 

もちろん、私をそのチームに加えていただけるのであれば、それはありがたいことです。

 

チャンスをしっかり、掴み取りましょうね。

 

 

 

あっ、そう言えば、「そろそろ花粉症の時期やし、準備した方がいいよ」って言われてた…。

 

マスクつけて、また耳鼻科に通いますか…。

 

 

―岸下 大輔