@自宅にて

 

 

少し前にも書きました、引っ越し難民の話。

「まぁ、そんなに言うてもねぇ」って内心は思ってたんですよ。

 

あなたへの注意喚起というか、もし巻き込まれるようなことがあったら…。

と、何か事前の対策につながればと思って書いてたのです。

 

それが、この2月半ばにして、テレビでも同様のニュースが、取り上げられ始めました。

 

マジで、出たくても出れない。

引っ越して、あなたの物件に行きたくても行けない。

 

退去者・入居者が、あなたの物件でも現れるかもしれない…

やはり、そこに追い打ちをかけている実情も。

 

今日は、特に学び的なものもないですが、ちょっとした情報をシェアできればと思って書いてます。

 

実は最近、引越し業者さん自身も、「働き方改革」で長時間労働を減らしていく、という業界全体の流れになっています。

 

一般的な会社で、かつ労働系の会社で言えば、労働時間を減らすという事は、売上げも下がる傾向にあります。

 

それでは、企業としては困るわけですよね。

ではどうするか?

 

 

引っ越し費用の値上げをするんです。

いわゆるハイシーズン・オフシーズンみたいなものを設定する。

 

特に、この3月4月については、かなりの吊り上げ状態。

だって、一気に通常の2倍近い受注となるのですから、対応する人材確保も至難の技。

 

また、そもそもの引っ越しにおける、ベース金額も、年々上がってきている傾向にあります。

 

これは、ウチでも同じですが、あらゆる物が値上げ。

人件費だって、最低賃金もどんどん上がってきてますから。

そのままでは会社維持が出来ない。

 

企業努力と言いますが、何をしても最後は単に、利益を削るしかありません。

 

 

また今まで、配送業者さんが売り上げアップのために、期間限定で引っ越し業務を受けたりすることもありました。

 

しかし昨今、ネット販売の物流が増え、そちらに力点を置く配達業者さんが増えてきています。

こちらの方が、業者サイドも安定的に稼げるので、そちらにシフトしていきます。

 

この話を聞いて、「そんな業者は、けしからん!」というオーナーがいましたが、企業はボランティアではないので、儲かる方にシフトするのは当然ですよね。

 

そうなると、大手以外で引っ越しを頼める業者も減っていく。

 

 

そこに、私が昔いたレ○○レス21が引き起こしている、建物改修に伴う強制引っ越し問題。

 

あれって、オーナーの気持ちも大事ですけど、入居者の気持ちはどうなのかな?って感じです。

 

確かに、安全を確保できないですが、今までも知らずとは言え、入居者の方は普通に生活してきたんですから。

 

まぁ、この話はどっかで触れるとして。

 

 

では実際に、引っ越し業者に委託ができなければ、どんな方法があるのかと言えば…

 

専門家じゃないんで、答えに困りますが、ただ宅配業者が期間限定などでも引っ越しを受けないという事は、宅配業者はある程度の数が確保できているんでしょう。

 

であれば、小物は宅配物で発送するのは、一つかも知れませんね。

あとは、極論は、レンタカーなどを使って自分で運ぶとか(って普通の意見すぎる…)

 

あとは、退去しないといけないのであれば、一旦、トランクルームを借りて、そこに預けるのも一つです。

 

もしくは、ある程度処分する(って、また普通の意見すぎる…)

 

 

いずれにしても、対応・対策にちょっと時間がかかりそうなことばかり。

こちら側としても、出るにしても入るにしても、その手はずが整っているか、確認をしておくっていうのは、必要だと思います。

 

あなたは、この引っ越し難民対策、何かされてますか?

 

 

―岸下 大輔