@大津のスタバにて

 

 

今日は京都に物件をお持ちで、大津にお住いのオーナーと会ってきました。

 

今回は、内装工事の打ち合わせと、後々の外壁に関するイノベーションの計画や、打ち合わせ等も行ってきました。

 

その中で、費用の捻出方法の話から、建物の名義の話に。

 

その物件の上物は、そのオーナー単体の名義なんですが、実は土地が3人の共有名義。

 

その土地を含めた物件の相続について、かなり悩んでいらっしゃる様子。

 

なぜ悩むのかと言えば、話がすぐに決まりにくい。

 

何をするにも、です。

 

やはり資産についての考えは、人それぞれ。

これが王道とはいかず、こっちを上げればこっちを下げ、もう一度こっちをあげればこっちを下げる、なんてことがたくさんあります。

 

これがうまくいかない原因。

 

姉妹だからうまくいく、そんなことありません。

兄弟だからこそ揉めるというか。

 

そこに、親の介護や面倒を見たとか見ていないとか。

さらに長年の感情。

兄弟では、先に生まれた方が上、後から生まれた方が下、その考えについて納得がいかないなど、単なる権利証の話ではないことが、複雑に絡み合います。

このオーナーも、何度か共有名義者(実は、この方々は兄弟です)と話されましたが、うまくまとまりません。

 

このオーナーがいうには、結局、資産やお金が絡むので、みんなが腹を割って話さない。

 

そこが大きな原因なんでしょうね。

損や無駄遣いしたくないのは、どこも一緒なのに…。

 

こういう仕事をしていて、相続の話になると、やはり何件かは、かなり苦労した、かなりもめたという話しを聞きます。

親としては相続対策をしていても…、です。

 

その中でも、やはり1番長引くのは共有名義。

 

もし可能であれば、次世代のことを考え、この共有名義は何かしら、対策を打っておくべきでしょう。

 

うちは大丈夫、って言っても、骨肉の争い。

その後の、親戚付き合いにも影響が。

 

その道の対策をとっても、一長一短にはいかず、かなり時間を要すると思いますが、でもこれはやっておくべきです。

 

もしくは、使える状態、売却等できる状態に分筆するかですね。

使える状態、売却等できる状態というのは、接道があるということです。

接道がないと、価値が一気に下がりますから。

 

他の方法としては、事業継承や、少しでも公平の相続という観点では、法人活用するのもありです。

 

これは、『株式の種類を分けて相続させる』という方法ですが、詳しくは税理士等と入念に打ち合わせをする方がいいと思います。

これは相続を受ける側の理解も必要です。

 

どちらにしても、あなたの大切な資産です。

できれば次の世代たちに、良い思いをさせてやりたい。

当然、親心としてあって然りだからこそ。

 

苦労をしないように、今の間に、時間をかけてはいかがでしょうか。

 

 

ー岸下 大輔