@事務所より

 

 

昨日の記事で、「モデルルーム仕様が、入居申込になり易いけど、その本質が大切」って話をしました。

その話は、こちら↓をクリック

 

本質を掴んでおかないと、常にテクニック的なことに振り回されるって話です。

 

逆に言えば、この本質を掴んでしまえば、テクニックを理解すること、活用することは、非常にカンタンになってきます。

 

で、活用法として、世の中の「こうすれば、空室が無くなりました!」的な書籍なども、本当の意味で使える使えないが、ご自身で判断できるようになります。

 

お部屋に入居していただく方は、法人契約であろうが、個人契約であろうが、年齢が若かろうが、お年を召していようが、あまり関係がありません。

 

あくまで、人対人との取引により、入居が決まります。

だって、契約書にサインするのは、人だからです。

 

これは、先ほども言いましたが、法人名義でも同じことです。

 

とは言え、その本質を掴んでも、費用のたくさんかかる話だと、実行しようにもできないこと、ありますよね。

 

わかっているけど、なかなか、踏ん切れない。

 

今月は、別でお金が要り用だ。

ちょっと空室期間が長すぎて、費用の捻出が難しい。

など、様々な状況があると思います。

 

今日は、あなたのそのような状況でも、使える内容を書きたいと思います。

 

他との比較において、あなたのお部屋に、インパクト強く持ってもらいます。

 

まず、机を準備します。

 

サイズは、もちろん、小さいもので結構です。

あまり大きいと、お部屋を小さく感じさせてしまいますから。

 

その上に、間取り図、メジャー、ボールペン、バインダー、飴など口に入れるもの、彩りに緑のもの、そして、あなたから内見者へのメッセージ、などを準備します。

 

ここでの狙いは、「少しでも長い時間、部屋に居てもらうこと。」

そこで、内見者に頭の中で、生活をイメージしてもらいます。

 

確かに、モデルルームも捨てがたいですが、費用が掛かります。

 

そこで、その部分を、内見者の貴重な時間を使ってもらいます。

つまり、こちらがイメージづくりを手伝い、ご自身でイメージしてもらいます。

 

そこに必要となってくるのが、先ほどの内容物です。

 

飴などを口に含み、部屋の中をじっくり観察してもらいます。

「あそこのスペースには、あの家具入るかな?サイズは…、あっ、このメジャーを借りよう」

と実際に間取り図に書き込んでもらいます。

 

その間取り図は、すべてのお部屋の魅力ポイントを、ぎっしり書き込んでおきます。

「これって、こういう意味なんや」

人は文字があれば、読んでしまう習慣があります。

 

仲介の営業マンから聞くより、売り込みがない分、正直に読み取ってくれます。

 

最後は、その間取り図を持ち帰ってもらいます。

仲介用に使われる物件情報の資料は、どのお店でも、どの物件でも、同じように書かれています。

 

でも、よーく考えてください。

あなたの物件の、最強営業マンは、あなたのはず。

その営業マンが書いた魅力ポイントの方が、強烈だと思いませんか?

 

仲介の方など、他の方が書いた内容は、コンビニまで●●分、とかありふれた内容です。

物件資料にも、個別のお部屋の情報は書き込まれていません。

 

仲介の営業マンも、その時の空き状態によっては、誰が担当になるか分かりませんよね。

 

たまに、

「内見者さえ連れて来てくれたら、絶対に契約してもらう自信がある」

というオーナーがいます。

 

それを、ぜひ、間取り図に書き込んでください。

生活をイメージできるように。ですよ。

 

具体的には、こんな感じです。

 

 

こちらを参照に、あなたの物件の営業ツールを増やしてはいかがでしょうか?

 

 

ー岸下 大輔