@吉野家の駐車場にて

 

 

「どこで、メルマガを書いとんねん!」

って、ツッコまれそうですが、先日、吉野家の記事を書いてから、何か行きたくて…。

ちょっと、うずうずしてたんで行ってきました。

(吉野家の記事は、こちら)

 

で、美味しく牛丼をいただいた後、休憩がてら駐車場で、この記事を書いてます。

 

やっぱ、おいしいですよ。

あっ、まずいとは誰も言ってなかったですね。

 

 

先日、新しく弊社に連絡いただいた、いわゆる新規のオーナー様と、内装工事の打ち合わせをしていたときのこと。

 

基本的には、壁紙のクロスは、すべて白。

それも真っ白にして欲しい、とおっしゃるのです。

 

清潔感があるから、というのがその理由。

 

確かに白系のクロスを壁に使うと、部屋も広く見えますし、清潔感があるようにも見えるんです。

でもね、やっぱり入居が始まると、どこかしら、汚れるんですよね、真っ白って。

 

そういう意味では、退去がある度、かなりの確率で、クリーニング以外の原状回復工事をしなければなりません。

 

あと、個人的には、真っ白のクロスは、病院のような感じがするんですよね。

で、何かチカチカして、落ち着かないというか…。

 

実際の心理的な話でも、疲労感が出たり、イライラすることも報告されています。

 

では、逆に癒してくれる色味は、どんなんでしょう?

 

それは、ベージュ系やアイボリー系の白であれば、緊張感や筋肉を解してくれ、安心感が増えやすいと言われています。

また、こちらのベージュ系やアイボリー系の白が持つ特徴として、汚れも目立ちにくいこと。

また、建築用語で入隅と言って、壁と壁の凹んだ角から角までなど、一部分の張替えでも目立ちにくい特徴もあります。

 

オーナー目線だと、こちらの方がいいように思いますよね?

 

多くの物件が、同じような考え方で、ベージュ系やアイボリー系の白を採用しています。

確かに、入居者にも落ち着きを与え、しかも退去しても、汚れも目立ちにくい。

 

 

でも、実は、これも使いようです。

先ほども言いましたけど、多くの物件が同じ考えで採用しているんです。

つまり、あなたの隣の物件も、同じようなことやってるんですよ。

 

このメルマガで、よく言うことで、コンセプトを決める、賃貸経営をしていくことが重要です。

そしてターゲットも絞り込む。

 

それによっては、逆に真っ白が良い時もあります。

 

 

例えば、昔ながらの古い家や〇〇荘といった年代もの。

 

こういった建物をリノベーションする時に、柱を隠さずも見えるように残すのであれば、この白が逆に引き立ってくれたりします。

 

これが結構、おしゃれに映る。

 

ですので、「真っ白がダメ」と言うよりかは、コンセプトやターゲットを決めた上で、真っ白が良いかダメかを判断していかなければなりません。

 

そんなこと言い出すと、考えることがいっぱいなりますよね?

 

実際に、あまり手が掛からないっていうのが、不動産賃貸事業の妙味だったりするのに、そこに手が掛かるっていうのは…、ストレス…。

 

この煩わしさが大きく膨らんでいくと、大好きな不動産が嫌いになっちゃいますよ。

 

そんな時は1人で悩まず、ウチに連絡して、面談予約を取ってくださいね。

 

 

―岸下 大輔