台風21号の被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

 

通り沿いの樹々は、この強風になぎ倒され、一部交通が不通になっておりました。

神社にある、大きな木も倒れていましたし。

 

長岡京市では、ガリンスタンドの屋根が滑落したところもあったり、横転したトラックがあったり。

大阪のある高層ビルでは、風での揺れがひどく、1階に避難したところもあるとか。

 

まさに、尋常ではない被害です。

本当に自然の猛威は恐ろしい。

 

本当に凄いなぁ、と思いながら、実は東京の品川におります。

こちらは、突風はあるものの、京都のようなことはありません。

 

先ほどの情報は、なぜか地元の情報通である、妹から入ってきたものです。

 

いずれにしても、被害が最小限であることを祈っております。

 

 

実は、この東京に行くのに、当初4日の朝に新幹線に乗るつもりでした。

 

でも、もしかすると台風の影響で、新幹線が発車しないかも。

発車しても、車内に閉じ込めとかあったら、どうしよ?

 

そんな不安もあり、予定をキャンセルしようか…

(というより、内心、少し邪魔くさくなってきた…)

などなどの思いもあり、悩んでいました。

 

前泊するのも、費用もかかるしなぁ…と、迷っていました。

 

そこで一応、事務員さんに頼んで、東京のホテルを調べてもらっていると、

「社長、カプセルホテルにします?」

という声が。

 

「カプセルホテル? あの暗くて狭い感じの…」

と渋る私に、

「最近のカプセルホテルはキレイですよ」

 

ちょっと自分でも調べてみると、なんだか、昔のカプセルホテルのイメージとは全然違う!

 

これは、いいかも。なんだか、面白そう。

 

京都でも最近、ビジネスホテルより安価で運営されていて、人気のあるカプセルホテルが、どんどん建設されてきています。

しかも、結構な勢いで拡大している、と聞いたことがあります。

 

新幹線が止まる不安と、費用も安いというのもあり、結局、前乗りして東京に向かうことにしました。

 

実際に泊まってみると、初めてのカプセルホテルは、サービスが充実。

 

もちろん、高級ホテルには敵いません。

 

何せプライベートな空間が少ない。というより、ほぼない。

でも、設備がキレイ。

 

しかも、ちょっとオシャレに見えるように、創意工夫がされています。

 

変なビジネスホテルより、ホテルスタッフの対応が気持ちいいほどです。

 

しかも、ここに2泊することになっていて、2泊目は慣れた感じで、部屋の使い方も思いのままです。

たまには、こういうホテルもありかな?と思いました。

 

このように、前まで抱いていたイメージと大きく変わり、しかも良い方に変わるってことありませんか?

 

最近の賃貸物件は、外装だけオシャレにリノベーションしたのもあれば、外部はあまり変化がないものの、室内は大きく変わって、めっちゃオシャレ!って物件もあります。

 

あなたの近隣物件は、そんな新しい変化を起こしていませんか?

 

常に、ではなくとも、時折でもいいので、他の近隣物件を視察するような行動を取ってみては、いかがでしょうか?

 

今回のように、今までの概念を大きく変えるような出来事が、あるかも知れません。

 

もし、他の物件が変化をしていても、いきなり焦る必要はありません。

状況を観察していくことも、時には必要です。

 

慌てなくても大丈夫です。

何せ、あなたは他のオーナーとは違い、早めの「行動」をしてるのですから。

 

PS

実は、同じようなことを考える方が多いもので、行きの新幹線はグリーン席・指定席・自由席すべて満席。

岸下も、終始座れず、立ちっぱなしでした…。

 

もっと、早く行動し、判断すればよかった…。

 

岸下 大輔