@自宅にて

 

 

一棟ものの融資が、厳しいと言われる昨今。

属性が低い方だと、ほぼ不可能な状態。

 

属性が高い方だって、ある程度の頭金を必要とし、それでも場合よっては、融資がつかないケースだってある。

 

以前より融資が厳しくなると言われていて、そうなってしまったという感じでしょうか。

 

そんな中、一棟ものが売れない不動産屋さん達が、次に狙いをつけたのが区分マンション。

 

そして、その区分マンションを、いかに低金利で引っ張るか?という中で利用されていたというのが、このフラット35。

 

このフラット35とは何か?といいますと、住宅金融公庫が元となって、各金融機関が取り扱っている金融商品の1つ。

 

この金融商品の特徴は何かと言いますと、融資期間が最長35年間、しかも固定金利で利用ができるというもの。

 

しかも、今のこの超低金利時代。

それに見合った金利で借りることができる。

 

あなたもよくご存知の通り、収益物件で収益に大きく左右されるポイントの1つが、この金利ですよね。

 

その金利が安い上に、長期間、固定されている。

 

ある意味、こんな不動産投資にドンピシャな融資。

誰でも引っ張れるなら、誰だって使いたいですよね。

 

 

ただし、このフラット35。

あくまで国が住宅を作る流れを止めたくて、最初は新築のみにだけ採用されていた金融商品。

 

今では中古物件でも対応可能となっています。

 

そして、それは「その物件を買った方が住む」。

つまり、「個人の家」にするというのが大前提。

 

「それを反故にしてる」というのが、目立ってきたという話です。

で見つけたら、即全額返金を求めているようです。

この動きは、他の金融機関の住宅ローンでも、調査を実施が進んでいます。

 

 

スルガ銀行の時もそうでしたけど、一部の悪徳業者がやり過ぎて、こういった結果に繋がります。

 

 

実際に、「スルガ銀行で融資組んでてよかった」と仰るオーナーは、結構いらっしゃいます。

 

確かに、スルガ銀行もやってはいけないところまで、踏み込んではいたでしょうけど。

 

でもそれを逆手にとって、利用しまくった悪徳業者がいて、自分たちの利益追求のためにやり過ぎた。

 

で結果、その煽りを受けたスルガ銀行は、ご存知の通りです。

そういったやり過ぎた業者によって、市場が荒らされる。

 

 

それは、どんな業界においても一緒です。

 

そういう中で、岸下とご縁があって、お付き合いをさせていただいているあなたには、損をして欲しくない。

 

ゴールデンウィーク前の記事でも書きましたが、この5月でうちの会社は10期目を迎えました。

 

今までのご提供しているサービス、またそれ以外のところで新たな価値を感じてもらえるような内容に切り替えていかないと思っています。

 

 

タイミングも、ちょうど令和元年ですからね。

 

と言うことで、今まで「このメルマガを楽しみに、毎日読んでますよ」と嬉しいお話しを、何人もの方から伺ってますが、少し発行の頻度を下げます。

 

それは、今のメルマガの作成時間を、次の形になるまでの脱皮期間というか、検討や様々な情報収集、計画立案に準備時間を割きたいと思っています。

 

その辺りのことが決まれば、もちろん、あなたにお伝えさせてもらいますね。

 

そのために、一部の方にご協力いただくこともあるかと思いますが、その時は少しお時間を頂戴できればありがたいです。

 

その際は、よろしくお願いします。

 

 

―岸下 大輔