@自宅にて

 

 

行ってきましたよ、予告通り、賃貸住宅フェアin大阪

 

インテックス大阪で、この11日と12日に開催された賃貸住宅フェア。

この賃貸住宅フェア、もしかすると、あなたもご存じかもしれないですね。

 

ニアミスで、現地に行っていたとか?

 

もし、あなたがご存知ないなら、簡単にご説明を。

全国賃貸住宅新聞と言う、賃貸業界に特化した業界紙があります。

 

この業界紙は、賃貸住宅に関する全般の情報を網羅しています。

例えば、スルガ銀行の融資に関する問題や、最近の入居トレンドやDIYの成功例、関連する法令、他のオーナーの悩み解決などが掲載されています。

 

私も、よく読みます。

 

 

その賃貸住宅新聞が中心となって、オーナーに直接売り込みたい業者、関連業者や仲介の会社に売り込みたい会社などが一同に集まって、賃貸住宅フェアと言う名前で、全国で何箇所か開催してます。

 

ここ関西では、年に1回、インテックス大阪でやっています。

 

去年は参加してませんが、ほぼ毎年のように顔を出してます。

 

少し前まで、毎回あまり代わり映えがしないなぁ、と思いながらフェアに参加していたのですが、今年は結構面白いものがありました。

 

その売り込まれる言葉、使ってる商材なんかも、面白くて。

 

ただ調子乗って、面白くて、カタログとか資料もらいすぎちゃいました(汗

今、その内容の精査とか、整理に追われてます。よくやりがちなことなんですけどね。

 

でも中には、ほんとに使えそうなものも、たくさんありました。

 

他の部件では使っていないもので、内装材に使えそうなもの。

もしくは、このやり方でリフォームすれば、古ぼけた40年50年の木造住宅がゲストハウスとして活用できたり、転売に使えそうな気もします。

 

内装材としても、クロス以外のものもあったりして。エントランスや駐車場を、安価に一気に転換するようなもの。

 

本当に使えそうものは、順番にご提案してきますね。

 

それ以外で、ちょっと気になったのが海外投資です。結構、ブースがありましたよ。

一旦、下火になってたんですけどね。再燃って感じです。

 

特に、カンボジア。

カンボジアは、米ドルで投資をすることができます。

「米ドルなんて使えないよ」「使うところがないよ」と言う方もいらっしゃいますが、実はそんなことありません。

 

アメリカや米ドルが使えるところで、VISAカードをつくります。

で、買い物などをクレジット決済として、その引落し先を米ドルで支払えば、普通に使えます。

 

為替レートの連動は、もちろんありますけど、ただ世界一安定してる世界通貨といって過言ではない米ドルです。

乱高下は、考えにくいでしょう。

 

 

そのブースの方から、お決まりのように「現地の視察に一緒に行きませんか?」と声が掛かってます。

確かに、面白いかもしれませんけど、ちょっと思案中です。

 

 

海外の物件もそうですけども、遠方の物件を買うときに、どうすればいいか相談される方に、いつも言っていることがあります。

 

それは、「その土地が好きかどうか?」がやはり重要だということです。

 

好きになれない土地柄、嫌いな所であれば、少し違ったミスや、ちょっと気になることがあれば、全てが不信感になってしまいます。

 

これが好きな場所であれば、「まぁそれぐらい」「そんなことぐらいで」ってなっちゃいますよね。

 

投資は感情で行ってはいけませんが、何かあったときの許容度が全く違います。

安心感というか、楽しみ方というか、覚悟というか。

 

この話は、経験値という上では、あなたの方が断然上だと思いますので、釈迦に説法ですよね。

 

いずれにしても、結構活況でしたよ、海外投資。

 

現地視察と言いながら、ちょっと海外に行くのもいいかも、ですね。

 

あなたは、海外投資に興味ありますか?

 

 

ー岸下 大輔