@事務所にて

 

 

あなたも、こんな経験ありませんか?

 

自分が考えたことも、思ったこともないようなことが、実は世の中の当たり前だったりすること。

 

特にアンケート内容や、調査結果について、同じようなことが言えるかなぁ、と思いませんか?

 

先日、業界紙を読んでいると、「日本の鍵事情」という調査報告を、スマートロックを手がけている会社が、発表を行いました。

 

 

対象となったのは、東京都に住む、20代〜40代の男女200人です。

 

関西人としては、どこかにある『東京への対抗心』。

この時点で、「ホンマかいな?!」と思いながら、見てしまっていますが。

 

 

この調査によると、「鍵の開閉が面倒だと思ったことありますか?」という問いに、7割以上が「面倒と感じている」と答えたというんです。

男女別では、女性が79%、男性は64.5%で、面倒に感じていると。

 

 

「鍵を持ち歩くのが、面倒だと思ったことがありますか」の問いには、65%が邪魔だと感じていて、男女別に見ると、やはり女性の方が男性よりも邪魔に感じているいうのです。

 

確かに、鍵はかさばったりするので、邪魔になったりしますね。

でも男性なら、ポケットに入れてゴソゴソしますが、女性はカバンにしまうような…。

それが邪魔、あるいは面倒なのでしょうね。

 

一部ではカード錠なんかもありますが、それも面倒なのでしょう。

非接触で「ピッ!」ってかざすだけのヤツは、確かに便利。

 

あと「鍵をなくした経験があるか」の問いに、3人に1人がなくした経験があると答えています。

 

また全体の傾向からも、鍵をなくしやすい人の方が、鍵のかけ忘れも多いというんです。

 

 

そこで、フッとした疑問が。

そもそも、鍵の開閉が面倒なのでしょうか?

 

あまり、それを感じたことがないので、正直私にはわかりません。

 

ただ、大事な事は「自分がそう思わないから、それは正しくない」と、そのままスルーするのが、やはり1番ダメ。

 

 

人気がある物件。

設備の内容を聞いていると、とてつもなく凄いものがある、というわけではなかったりします。

 

でも入居者にすれば、それがすごく人気の設備となるのです。

 

 

少し前もありましたが、玄関付近に姿見ミラーを飾るという提案をしました。

 

その物件のオーナーは男性で、管理の担当者も男性。

二人の意見では、姿見ミラーは、特に必要がないという話をしていました。

 

 

「いやいや、ここは女性の層も狙えるし、男性でもミラーが欲しい人はいます」と私が引かないので、なかなか話が進みません。

 

そこでオーナーの奥さんの意見を聞き、岸下のいう通り、姿見ミラーを取り付けることに。

 

 

ほどなく、その物件には入居が決まり、仲介の方に「なぜその部屋に決めたのか?」という情報収集を行ったときのこと。

 

その回答の一つに、玄関に姿見ミラーが付いていたこと。

そのミラーも、オシャレだったことも、決め手の一つだったとか。

 

もちろん、姿見ミラー1つで、すぐに入居につながった!ということではないでしょう。

 

しかし大事なのは、自分の感覚だけで早々の判断をしてはダメということです。

 

自分の感覚の定規が正しいとは言えませんから。

それに、他の分野にも興味を持つと、様々な選択肢が増えますよ。

 

あなたの物件で、自分の思い込みだけで、決めてしまってる部分ありませんか?

 

 

―岸下 大輔