@事務所にて

 

 

ちょっと前のことですが、京都のある焼肉屋さんがやっていたことが、ニュースになりましたね。

 

“あかんやつ”と言うメニューの名前で、提供されていた“あかんやつ”。

 

それは何かと言うと、生レバーです。

 

美味しいですよね。

提供されなくなって、悲しい思いをしている一人です。

 

食中毒が多いことから、食品衛生法の改正でレバーに関しては、生レバーの提供はされなくなったのは、周知の事実です。

提供時は生でも、その後、「しっかりと焼いてください」とという、加熱の必要性の伝達がされていなかったことで、店主は逮捕となりました。

 

とは言うけど、アナウンスが徹底させるのも、難しそう。

アルバイトの子が、さっと置いて、小声で囁いくように言えば、聞いた・聞いてないに発展しそう。

 

それは、さて置き。

 

このネーミングセンスが、面白いじゃないですか。

店主曰く、「焼かな、あかんやつ」なので、「あかんやつ」と名付けたそうな。

 

悪知恵が働くと、言われそうですけど。

 

こういう、後にも頭の中に残ってしまいそうなネーミングは、とてもインパクトがあります。

 

このネーミングのインパクトによって、景気すらも悪くなることがあります。

 

例えば、この昨今のどん底の不景気から、やっと明るい兆しが、見えてきてるこの日本。

ですが、元をたどれば、あることがきっかけで、一気に世界的な不景気の波に、引きずり込まれました。

 

それは、2008年9月、アメリカのリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが、経営破綻したことに端を発し、連鎖的に世界規模の金融危機になった出来事。

 

あなたは、あのきっかけになった名前、なんて言ったか覚えてますか?

 

そうです。

「リーマン・ショック」と呼んでいます。

 

このネーミング、しっかり板についてしまって、皆の脳裏から離れなくなりました。

忘れたくても、不景気のきっかけになった名前を忘れません。

 

景気というのは、よく景気の気は気分の気だから、国民が思う景気感によって、大きく左右されるといいます。

 

このリーマン・ショック。

この事で景気が悪くなったと思い込んだ我々は、お金の循環が悪くなるので、支出を抑えようとします。

支出を抑える、つまり、消費にお金が回らなくなり、産業全体が停滞します。

 

そうすると、景気が落ち続けるまで、あっという間です。

それぐらい、ネーミングにはパンチがあります!

 

これは同じく、あなたの物件でもいうことができます。

 

どんな場面に使うのか?

 

例えば、どんなにリノベーションしてカッコいい物件になっても、物件名称が〇〇アパート。

もっと言えば〇〇荘では、やっぱり古めかしいイメージは拭えないです。

 

逆説的に、物件はどうあれ、高級をイメージさせるような名前。

例えば、レジデンス〇〇とかだと、物件を探している人は、そのイメージ通りのものを、抱いてくれます。

名は体を表す。

 

その物件名称によって、物件をイメージするものが、全く違ってきます。

その名前によって、高級感を植え付けたり、気楽に入れるところをイメージさせたり出来ることも。

 

物件名称は、1度決めると、変えることができない!と思ってる方も多いですが、物件名称の変更は可能ですよ。

 

イノベーションをかけた時、外壁塗装時、また何もなくても物件のイメージを変えたい時に、名前を変えるのは手段としてありです。

 

しかし、あまりコロコロ変えると、入居者の方が戸惑ってしまうので、その辺のご配慮が必要かと。

 

ただ、その名称だけで、一気に物件をのイメージを変え、入居率アップさせた事例もあるんですよ

 

あなたは、あなたの物件の名前を変えるとすれば、どんなネーミングにしますか?

 

 

―岸下 大輔