@大阪のスタバにて

 

 

 

あなたは、太陽光発電の投資に、声が掛かったことありますか?

 

岸下の周りでも、またオーナーでも、投資されている方がおられます。

実際には、そこまで多いという印象はないですが。

 

その太陽光発電。

買取価格が決まっており、その買取価格が年々下がっていきます。

これは、この買取費用の捻出方法が、電気会社だけでなく、一般の利用者も負担しています。

このことから、高額の買取継続が難しいですよね。

 

代替エネルギーは、いや増して、大切だと思いますけど。

 

その買取価格。

電力会社などに申請を出し、承認をされ、稼働した電力を買取ってもらいます。

 

この申請を出して認定を受けた状態で、そのまま未稼働にしている案件が多く存在します。

しかも、国の施策で代替エネルギーに興味を持ち実行させるために、高価な買取価格に設定した当時のまま。

 

これって、めっちゃ得やし、儲かるのでは?

 

詳しくは、こちら↓をクリック。

 

今は、太陽光パネル自体の価格が、かなり下がっています。

全体の発注量が増え、量産体制を取れたので、安くなったんですよ。

 

しかも、一部のメーカーですが、最近は壁掛けタイプまで出てきました。

 

この制度のスタート時に、普及に時間が掛かると言われたのが、この太陽光パネル本体の価格。

これが高かった。だから、買取価格を高くしたのは、一つあります。

 

で、この買取価格を高いときのまま、そして、太陽光パネルは安くなったので、それで施工すれば…、単純に他よりも、めっちゃ儲かる。

この儲け。問題なのが、儲けの一部が電気料金に上乗せされる形で、一般利用者も負担しているので、いかがなものか?となってます。

 

 

この手法で一番多いのは、2012~14年に認定を受けた事業者が多いですが、今も同じことを繰り返しています。

 

で、経済産業省が15日、「固定価格買い取り制度」(FIT)の見直しを了承してしまったと。

新制度だと、買取価格が認定時のほぼ半値でしか売れないため、その分、儲けも…。

 

こういう事案は、業者側になると、なぜそういうことをやっているのかが見えてきます。

続けるようなモデルではありませんが、あなたのビジネスのヒントになるかも。

 

買取価格が下がり続けると言う事は、量産化された太陽光パネルなど施工費を下げることをしないと、利回りを確保することができません。

利回りの確保ができないとなれば、当然収益モデルとしても成立がせず、業界自体がなくなってしまいます。

 

そこで目をつけたのが、今回の方法。

このまま買取価格も下がり続けることを言われてますので、この太陽光パネルの業界どうなっていくんでしょうか?

 

一つ言えるのは、先行者利益です。

以前と比べると落ちますが、あと何年も後からやるより、今の方が利益が出る可能性が高い。

 

岸下も、太陽光パネルの購入を考えたのですが、利回り等が折り合わず。

そのくせ、施工の内容品質等に疑問が残り、結局断念した経緯があります。

 

実際に今年の台風でもそうですが、太陽光パネルが台風でめくれ上がったケースや、太陽光パネルを施行したがために、堤防の強度が落ち、大雨の増水で決壊したケースもありました。

 

街中でやるビジネスではないので、どうしても、田舎地方での展開になります。

しかし、日本の国土面積のうち、山地が75%くらいあるので、山などを切り開くしかないんでしょうね。

 

メガソーラーができる場所は、行政や大企業が抑えていることが多く、なかなか難しい。

 

あと、太陽光パネルの投資をスタートされた方が、よく嘆いたのは融資がつきにくいと言うことでした。

やはり前例がないと融資も厳しい。

 

話はそれますが今、融資がつきやすい事業ってなんだかご存知ですか?

SDGsに関わる業種です。

これは融資がつきやすく、大企業とのバックアップや連携も取り易い。

 

片や賃貸でも、融資を引き締めにかかっているのに、こちらだと金融機関が実績をつけたがっている。

このSDGsに関しては別の機会に。

 

ともあれ賃貸事業以外に、投資事業はたくさんあります。

どこに注力をするかは、あなたの好きな投資スタイルによって変わってきます。

 

同じ賃貸でも収益をメインで持ちたいのか?さらなる安定性を持ちたいのか?

何かあったときに転売や資産整理がしやすい物件にいくのか?

償却が早い物件がいいのか?超長期で保有する前提なのか?

などなど

 

ドカンと行きたいのが、安定で行きたいのか。

 

これを機会に、あなたの投資スタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

 

俺はこういうやり方しか出来ない…では、実は損をしてるかも。

 

投資スタイルを見直しで、あなたの世界が変わるかも知れません。

 

 

ー岸下 大輔