@自宅にて

 

 

下町ロケット、始まりましたね。

 

その前に、下町ロケットはご存知ですか?

池井戸潤とTBSの夜9時のドラマ枠、日曜劇場が手を組んだドラマです。

 

実は池井戸潤とTBSが手を組んだ、最近のドラマでヒットを連発しています。

その中で、続編に取り組んだのは、今回がはじめて。

 

半沢直樹の「倍返しだ」は、有名ですよね。

 

今回の下町ロケットは、阿部寛主演の佃航平が熱い!人間として、めちゃ熱です。

また、本人だけでなく、周りにいる出演者も全員が熱い。みな、熱くなりすぎて、涙を流して演じています。

 

岸下は、ほとんどTVドラマを見ません。

 

決まった時間に、いつも家にいて、テレビを見ると言う習性がないので。

録画の習慣もないし…、ほとんどが一回見て、次の週には忘れている…。

 

特に、今なら、好きな時間に、ネット系で番組を見返せますから、余計です。

でも、この下町ロケットは、見そうな感じです。

 

 

ほかに見てるテレビと言えば、ニュースかテレビ東京系のドキュメンタリー系の情報番組です。

 

他業種のビジネスの最前線や、うまくいっている会社の取材などをやっていて、こちらの方が面白い。

 

あっ、ちなみにビジネスをうまく活かすヒントは、他業界の中に眠っていることは、たくさんありますよ。

 

例えば、ドライブスルーは、元々海外の銀行がやっていたサービス。

これを今では、ファーストフードやクリーニング店も、導入して大ヒットしています。

 

岸下も、「これは、ウチで使えないかな?」と、アンテナを張っています。

この記事での発信も、そうです。

賃貸物件の修繕だけをやっている会社で、毎月、自分の顔写真入りのお手紙を発送したり、メルマガを発行したり、メールセミナー(18/10/14では、最終校正やHPにアップ準備中です)をつくったり、後々は、あなたに収益が生まれるようなセミナーを企画していたり、ほかにも…は、全て他業界を参考して、実行しているものです。

 

あなたのビジネスでも、そこを活かしてくださいね。

この辺りの話は、また別の機会に。

 

さて、この下町ロケット。

最近のドラマにない、凄く熱い人たちが、様々な難関を情熱と努力で乗り越えていく、苦しめたヤツをギャフンと言わせる、のが定石。

 

今回の佃航平は、ドラマの中と言えど、私と同じ会社の経営者という役どころ。

会社の大小、技術畑出身というとこが大きく違いますが、やはり惹かれるのが、その仕事に対する熱さ・情熱。

 

実在する社長としては、周りの社員は大変なことが多いでしょうけど。

また、経営のプロという点でも、疑問が出てくるかも知れません。

 

しかし、熱い。

経営者として、全体の舵取りをする者として、様々な責任を背負う意味において、この情熱は必要なことだと思います。

もちろん、情熱からくる行動が、正しい方向に向かっていれば、ですが。

 

この情熱は、他者にも伝播します。

 

もちろん、情熱だけでは、できないこともあります。

が、情熱があるのか、ないのか、では大違い。

 

今、この情熱という点では、岸下は賃貸事業からさらに派生し、さらに広がっている感じです。

例えば、今の収益をさらに投資して、「複利」を存分に伸ばす方法など。

 

 

賃貸事業は、どちらと言えば、守りと言う側面が大きく感じがち。

安定するのは、逆説から言えば、暴落がないが大化けすることもない。

 

賃貸事業は、投資です。頭では、あなたもご存知のはず。

でも、実際には、それが抜け落ちがち。

 

この投資の、リターンを上げるために、再投資していくか。

単なる大規模修繕ではなく、資産価値を上げる方にシフトしていく方法もあります。

もちろん、家賃は上げて回収しますし、売却も視野に入れたりします。

 

同じ分野で、別のものに投資するか、別分野のものに投資するか。

もしくは、あなたのビジネスを別の方法で、伸ばしていくなど。

 

もちろん、今の物件の状態で、収益を上げていくこともやります。

 

ただ、この辺りは、投資スタイルの好き嫌いもあるので、一概には選びにくいですけどね。

どちらにしても、ここでもやはり熱意が無ければ、現状のままとなります。

 

現状維持になればいいですが、人口減少は、事実の上で、既に起こっています。

その中で、新築も建ち続けています。

 

これは、有史上、初のことです。それが起こっています。

それを、どうやって、あなたと一緒に乗り越え、その波に乗るのか?

 

それを考えると、苦労も見え隠れしますが、でも何か楽しくないですか?

 

積極的にリスクを取った人、責任を取った人、責任を負った人が、やはり大きな収益を手にしているのは、世の常です。

それには、やはり情熱が必要ですよね。

 

 

あなたは、情熱はありますか?

それは賃貸事業ですか??

それとも、あなたのビジネスですか???

それとも、違う分野の…

 

 

ー岸下 大輔