@自宅にて

 

 

 

突然ですが、あなたはいくつ、自宅がありますか?

 

世界を股にかけてビジネスをされてる方であれば、自宅が世界中に点在していたり、海外でなくても、国内に別荘があったり。

1ヶ所とは限りませんよね。

 

もしくは、遠方で所有している収益物件の1室を、自分の自宅として使っているという方もおられるかと思います。

 

で岸下は?というと、1ヶ所しかありませんよ。

 

大抵というか、多くの方はそうなんではないでしょうか?

 

でもそれが、変わってくるかもしれないんですよ。

 

もちろん、一気に全部が変わるわけじゃないですよ。

でも、新しい住み方というか、生活スタイルというか。

 

少し前にも書いたんですが、「定額制の多拠点住み放題」という生活スタイルです。

 

直感でいうと、今のところ、あなたは新しい住まいとして、定着すると思いますか?

 

 

「どんな内容やったっけ?」というあなたのために、ちょっと振り返りましょう。

 

「定額制の多拠点住み放題」というのは、ある一定額の賃料支払うと、特定の賃貸住宅を対象に、短期間で複数の場所に移り住めるというサービスです。

今までの賃貸に住むというより、ゲストハウスに住む、という方が腑に落ち易いかも知れませんね。

 

 

このサービスの提供元の会社によりますが、準備されている物件は、ゲストハウス以外にシェアハウスということも。

中には、以前民宿だった物件や、温泉付きの別荘なども含めているところもあったりして、まさに旅行感覚。

 

首都圏だけでなく、地方にも住む場所がある。

シーズンごとに、週末だけでなく、ある一定期間を別の場所で過ごす。

 

部屋の中には、家具家電が揃っていて、もちろんアメニティー関係も充実。

ホントに、体1つで住む場所が変えられる。

 

 

このサービスですが、各社4月からスタートします。

まさに、新しい住まいの価値を提供するという感じでしょうか?

 

これから始まるサービスですが、組み合わせによってはいろんなことができそうだと思いませんか?

 

例えば、今より賃料の安い部屋に引越し、その浮いた賃料を、「定額制の多拠点住み放題」で楽しむ、なんてことも。

 

 

こういう目新しいサービスが定着するのか?という話もありますが、一気にとは言えませんが、個人利用・法人利用共に、徐々に伸びていくと予想されています。

 

今、政府が取り組んでいるものの一つに、働き方改革があります。

この流れにも、連動していけるような住み方だと言われているからです。

 

 

どういうことかと言うと、人材確保や人材を繋ぎとめるために、さらなる自由な働き方の容認が必要となってくるからです。

 

もちろん、これは特定の業種に限られるますが、フリーアドレスに近づく働き方は、広がりつつあります。

 

最近では、通常のオフィス内でもフリーアドレスという概念が、広がってきています。

 

オフィス内のフリーアドレスとは、決まった自分の机や定位置がある訳でなく、オープンスペースの好きな場所で、仕事をすることができる。

 

岸下もパソコンを持ち出し、カフェやトスクホームで仕事しているので、そういう意味では、この働き方に近いかも知れませんね。

 

 

ともあれ、このサービスに賛同し、地方の物件も参画しています。

 

この京都にだって、あなたの物件の近隣物件だって、密かに話が進んでいる物件があるかも。

 

もしあなたの物件にもオファーがきたら、どう考えますか?

 

 

―岸下 大輔