@トスクホームにて

 

 

昨日の続きです。

 

でも、最初に一言。

ごめんなさい。

 

有料でアドバイスしてしまっていますので、詳しくは、ここでは書けません。

 

しかし、いくつかアドバイスした中の1つだけ、ここでご紹介したいと思います。

 

それは、インターネットが普及で、写真の撮り方(しかも、かなりの高画質で綺麗)や360度カメラを使ったVRといった、ハイテクを活用したものではありません。

 

中には、ハイテクの活用と意識してなくて使ったものが、実はハイテクの要素が詰まっていることもありますよね。

 

例えば、私の使ってるiPhone。

そのカメラ機能を使ったり、またアプリをうまく使うと、とんでもなく、めちゃくちゃ、いい写真に仕上がったりします。

 

しかも、その加工は、思いの外、容易にできてしまう。

 

もちろん、ご自身で使えるハイテクは、どんどん使うべきです。

使っていかないと、どんどん置いていかれてしまいます。

 

今回ご紹介する一つは、それはそれとして、ハイテクがどんなに進んでも使える戦略の一つです。

 

さっきも言いましたが、今回特別に1つだけご紹介をしますね。

併用することにより、相乗効果が狙えるでしょう。

 

その方法とは、仲介で決めてくれた営業マンに、商品券やお小遣いを、手渡してあげること。

もちろん、それだけじゃなく、日ごろから食事に連れて行ってあげたりとか、より特別なポジションにいけるよう、接していくことも必要です。

 

ある意味、思うように動いてもらう布石を打っておく。

 

そんなことかい!って思う前に、ポイントをご紹介します。

 

 

そのポイントとは、手渡す商品券などの金額ですが、「これが一番下の金額だよ」と言っておくんですよ。

 

 

魅力あるように見せようと、上のことばっかりちゃダメですよ。

よくあるんですよ、大きい金額だけを先に言ってしまうこと。

 

そうなると、次から準備する方も大変だし、その金額が下がると、一気にやる気が失せますから。

 

「決まっていく件数が多くなればなるほど、一回の金額がでかくなっていく」

そんなイメージを持ってもらえるようにする。

 

「そんなもん、普通のADだって払ってるのに」

と思うんであれば、それはそれで結構だと思いますよ。

 

 

ただその仲介営業マンのポケットには、どれだけコミッションがつくんでしょうね?

 

たった1人で窓口業務をこなして、その売り上げを全部、自分のポケットに入れているお店であれば、それは直結するでしょうけど。

 

ある程度店舗を構え、多い人数で回しているところでは、そんな事はないんじゃないでしょうか。

 

彼、彼女らのポケットに入るコミッションなんて…って感じです。

 

 

ただし、最近は、「そういったものを受け取らない」と言うところも増えてきています。

 

この辺は、その店の方針に沿って、準備をしてあげましょう。

 

単純なとこでいくと、それがADの引き上げを承諾することも1つの方法です。

 

 

 

賃貸経営は事業です。

 

事業である以上、やはり、ある程度の資金が必要です。

何も資金を投下しないままで、回収ばっかりができる、そんなことありません。

 

ですからあなたは、その資金を捻出できるよう儲けなければなりません。

それは、この賃貸事業かも知れませんし、他の事業でかも知れません。

 

賃貸事業の組合せ形態によっては、そんな儲けができないパターンもあります。

 

 

であるならば、ポートフォリオの組み換えなども使って、資産を増やしていく方向に、切り替えていくことも必要ではないでしょうか?

 

そのようなお手伝いを、さしてもらったオーナーもいます。

 

ポートフォーリオの組み替えにご興味ある方は、私までご連絡を。

物件は縁のものですから…

 

 

―岸下 大輔