@オフィスにて

 

 

年末にかけて、かなり冷え込んできましたね。

年内は、このまま冷え込みが続きそうなので、お体には気をつけてください。

 

「せっかくのお正月が〜」なんてことにならないように、お互いに気をつけましょう。

 

 

さて、このように過ぎていく日々の中で、トレンドがどんどん変わったりしてきますよね。

 

賃貸経営をする上で、やはり時の流れに沿ったトレンドをつかんだ、様々な施策が必要かと思います。

「流行りばかり追いかけても…」と言いたくなる気持ちも分かりますが、基本を押さえた上で、やはりトレンドを押さえていくことは重要です。

 

これは何も、今に限った話ではありません。

昔はこのパターンで、反応があったのに、入居が決まったのに!、とあの頃の話をしても、違う物件にどんどん入居者を取られていく一方。

 

 

特に今は、景気の高揚感があります。

実際、このままいけば、「戦後最長の景気拡大」と言われるでしょう。

 

その景気感は入居希望者も持っており、住むところに対しても、少し高価格帯の住まいを探す傾向になってきています。

安ければ良い、だけの選択では無くなってきています。

 

 

そういった方々が、部屋探しをする際、家賃以外に大きく左右する条件は何でしょうか?

 

それは、立地条件と間取りです。

 

立地条件は、実際には変えがたいもの。

いきなり近くに、駅ができるとか、大型商業施設ができるなど、そんなことありません。

地域によっては、ある程度、固定されてしまっているもの。

 

ただし、もう一方の間取りはどうでしょうか?

こちらの物件によっては、変更することが可能です。

 

個人的には、オススメする鉄板間取りは、1LDKだと思ってました。

 

実際に、それをオススメしてきましたし、1LDKへの間取り変更の工事提案を行い、即入居になったことも多々あります。

 

 

「ん?!思ってました?」と気づいたあなたは、さすがですね。

 

なぜ、1LDKなのか?

 

1LDKは、

  • 少し高めの家賃が出せる一人暮らしの方
  • カップル・新婚さん
  • お子様がいない、もしくは1人のお子様がいるご夫婦
  • ある程度年齢を重ねて、子育てが終わってきた方が、住まいをダウンサイジングする際など

の方々がターゲットとして狙える、実は適用範囲が広い間取りなのです。

 

適用範囲が広いという事は、ある程度、空室対策にも応用が効くはず。

そう思ってきました。

 

でも最近は、そうでは無いケースが増えてるみたいです。

 

 

それはどんな間取りかというと、実は2DKなんです。

 

2LDKだと少し家賃が上がってしまうので、特に②③はその分を貯蓄に回したいと考えることが多い。

 

次の選択肢としては、1LDKと2DK。

実は、この2つの間取りは家賃相場が近く、以前は若い年齢層が1LDK、少し上の方が2DKを選択されていました。

 

今、2DKのメリットとして捉えられているのは、このあたりは時代のトレンドとも重なりますが、共働きで帰宅時間や就寝時間が合わないという場合は、寝室は別にしたいという要望が多いというのです。

 

という要望が多くなると、1LDKより2DKの方が重宝されるのは明確。

まぁ、時には1人になりたい時もありますからね。

 

同じくトレンドでいくと、シェアハウスに使うことも可能です。

時代の流れもあるので、鉄板という固定観念より、トレンドを読み、柔軟にしていくことが求められるでしょう。

 

 

あなたなら今の物件から、どんな間取りに変更しますか?

 

ちなみに、1K、1ルームでも工夫次第で、そういったトレンドを掴めますよ。

 

 

―岸下 大輔