@自宅にて

 

 

なんで?て、思うことは、世の中にたくさんありますよね。

 

銀行から振り込まなければならないことがあって、窓口業務が空いてる時間に、銀行の駐車場に滑り込んだんですよね。

 

時間に間に合ったから、駐車場でスマホを見ながら、考え事したり、メッセージの返信をしたりして…

 

そっか、これ忘れてた。

これ、やったほうがいいな。

これ、やめておこう。

 

なんて考えてたんですよ。

すると、

 

ゴン!

 

と鈍い音。

 

「なんや?」

 

と、音がした方を振り向くと

 

やってくれてるよ…(汗

 

 

 

 

バックをしようとした車が、後にばかりに気をとられて、こちらにぶつかった。

 

当てられた場所は、こちらは右の後ろのタイヤ付近。

相手は、右の前をヒット。

 

よく見ると、ホイールだけならちょっとした傷だけだったんですが、泥除けや他にも傷がいってそう。

やっぱり、車同士が当たると、それなりの傷になるんですね。

 

幸い、あんまり目立ちはしてない感じですけど。

いや、自爆した訳ではないのですが。

 

 

にしても、です。

こういう、何でなん?って思うことって、賃貸経営ではしょっちゅうですよね。

 

前に工事をしたところで直した箇所は、台風での被害ってオーナーは言ってましたけど、明らかに入居者が、何かで叩いたような感じだったり、所定の位置に置いてたものが無くなってたり、固定された物や部品がきれいに落ちてなくなってたり。

 

でも、誰かに弁償させることもできない内容だったり、火災保険や特約が適用されなかったりすることも、たくさんありますよね。

 

 

こういう時に思うのが、もちろん「何で?」とか「こっちが負担すんの?」とは思いますけど、やはりオーナーが負担することがほとんど。

 

お気持ちは、よーくわかりますけど。

 

となると、ある程度、修繕の予備費というか、必要経費の範疇みたいなこととして、想定しておかないといけないんでしょうね。

 

でも、収益がギリギリだと、これらの事象はストレスしか溜まらない。

 

金持ち喧嘩せずとは、よく言ったもので、そのイライラする事象に関わるだけでも、時間がもったいない。

 

今回の当てられた件にしても、

①警察官の立ち会いから相手とのやり取り

②車の修理の見積もり

③保険会社とのやり取り

④修理の手配

⑤車の持ち込み

⑥車の引き取り

 

と煩わしいことが続く。

確かに、今回は軽微な内容だったので、こんな悠長なこと言っていられるのでしょうけど。

 

でも、この内容に振り回されてる時間や気持ちの方が、日常のビジネスを過ごすより、振り幅がマイナス側に大きいと思います。

 

もしこのストレスを、別の形でスムーズに解消できれば、どうでしょうか?

 

やはり、そのあたりは、正直、お金というか必要経費というか。

賃貸事業の話しで言えば、その費用は入居者から頂戴する家賃なのですが。

 

じゃあ、それを見越した収益って、どこから作り出すっていう話なんですけども…。

 

ちょっと長くなってきたので、その収益のアップについては、明日送りますね。

 

ちなみに、商売をしてる方は、この考え方は、あなたの商売の参考になりますよ。

ぜひ、そちらでもご活用ください。

 

それでは、また明日。

 

 

―岸下 大輔