@待ち時間の車中にて

 

 

突然ですが、あなたはプレゼントもらうと嬉しいですか?

 

岸下は、嬉しいです。

というか、ほとんどの人が、素直に嬉しいと思うんじゃないでしょうか?

 

私も時折、人にプレゼントをします。

本当は、できればもっともっと、いろんな人にプレゼントしていきたいと思ってます。

 

それが、物の場合もありますし、違う場合もあります。

 

そういう意味では、このメルマガやこの記事は、あなたへのプレゼントとしてお届けしてます。

 

 

で、誰でももらって嬉しいこういうプレゼント。

今日は、そんな話です。

あなたは、どんな時にプレゼント渡したいと思いますか?

 

  • 何かのお礼の時
  • お近づきの気持ちを示したい時
  • よく思ってもらいたい時
  • 謝礼の時
  • お詫びの時

 

タイミングは、様々あるとして。

でも先ほどもいった通り、プレゼントってもらって、嫌な思いはしないもんですよね?

 

実はこのプレゼントに、ちょっとした魔法があります。

 

「返報性の法則」ってご存知ですか?

 

人は、相手からプレゼントされると、何かお返しをしなければいけないという気持ちが働く生き物。

 

あなたから、プレゼントしたものがあったとします。

それに対して、そのお返しのものが返ってくる。

そのお返しのお返しは?

そんなスパイラルになりそうになったことないですか?

次は、何返そう?みたいな。

 

あとは身近なケースでいえば試食。

試食すると、確かに美味しいから、というものありますが、買わないといけないような気がしてくる。

 

そうこれが、返報性の法則です。

 

こういった心理的な動きを利用して、人の心を思うように掴むように出来るかもしれません。

 

 

そんな心理的なことを、空室を埋めたケースがあります。

それは、「内見者にプレゼントを配ること」です。

 

先程の通り、人は何かをもらうと、そのお返しを、何かの形でしなければいけないと思う生き物です。

 

確かにこれは、性善説に基づいているから、それ以外の人もいるし、万人には通じないという人もいるでしょう。

 

確かに、そうかもしれません。

先ほどの試食の話。

試食をした全員が買うかといえば、そうではないし。

 

 

ただ大事な事は、これをすることによって、反応してくれる確率が少しは、上がるかもしれないという事。

 

この確率を上げるということが、非常に大事なんですよ。

 

少し上がるという事は、賃貸経営をしている全期間で有効になれば、全体として大きな成約率アップ、空室期間の損失回避に繋がる。

 

我々の賃貸経営は、全国に売り出せるようなものではありません。

だから、少しの可能性を積み上げて、100%に近づける必要があります。

 

その確率を上げるために、こういった返報性の法則を利用して、先にプレゼントしてしまう。

そのあとで入居してもらう。

 

そんな戦略を組んではいかがでしょうか?

 

しかし、相手が全然興味の湧かないものをプレゼントしても、相手に響かないかも知れません。

 

そのあたりは、ちゃんと検討する必要はありますよ。

 

 

―岸下 大輔