@自宅にて

 

 

トヨタが、定額の月額利用料を払えば、いろんな車に乗り継ぎができる、乗り放題ということで、2019年初頭を目処に、実施するってニュースがありましたね。

 

10代20代のときのような情熱はありませんが、車好きの私としても、結構興味ある話です。

 

同じようやサービスは、すでにポルシェやBMW、ベンツが海外で展開してるようです。

 

名だたるメーカーが取り組んでいるので、トヨタはその市場を作り出すために、打って出るようです。

 

 

ただ一方で、所有欲が満たされないから、このサービスはどうなのか?という議論もあるみたいです。

ビジネスの上で、確かに所有欲って大事ですもんね。

 

その費用負担を、生活のコストと考え、所有することに抵抗がある方や世代。

コンセプト通り、いろんな車に乗りたい方。

レンタルという言葉が一般化している世代などには、いいかもしれませんね。

 

若者のクルマ離れは、言われ出してから久しいですが、カーシェアリングなどは、若者以外にもたくさん利用されているようです。

 

クルマが売れない時代。

クルマだけじゃないですけど。

でも、売れるものは、売れています。

 

クルマ産業は、裾野が広い産業。

日本のGDPにも大きな影響を与えます。

 

その時代の中で、クルマを売っていく方法の一つが、今回の定額乗り放題ということです。

こういうビジネスモデルを、サブスクリプション(継続型課金システム)といいます。

 

この継続型というのがポイント。

ゴン!と大きな売上にはありませんが、一定の売上が入ってくることになります。

この一定の安定した売上が、このモデルの妙味。

 

購入者からみれば、一定額を支払うので、ローンなどと変わらないように思いますが、ローンはある程度、長期保有が視野にあります。

 

今回のモデルは、一定期間でクルマそのものも、新しいものに変えていくでしょう。

メーカーとしても、安定した売上で開発を行え、しかも、台数製造できる。

長期保有されると、メーカーとしてはクルマが売れなくなりますから。

 

 

このサブスクリプション、ある事業にも類似点が多いと思いませんか?

そう、あなたの収益物件が、まさにそれです。

 

購入し、その一ヶ月間で投資額を全額回収はできないでしょう。

 

しかし、一定の売上(家賃)が入ってくるようになります。

先ほど言いましたよね?このモデルの妙味。

 

そう、安定なんです。

その安定で、ビジネスの基盤を構築したり、サービスの充実・拡充が行えたりします。

 

また、ビジネスモデルの販売方法によっては、買い手の人数を増やすことができます。

 

例えば、区分の1Rマンションを大学生が購入することは、結構無理があると思います。

まして、親ではなく本人であれば、なおのこと。

 

しかし、その区分の1Rマンションが購入できない方、もしくは購入はしたくないけど住みたい方に、営業することができる。

この別アプローチを用いることもで、売上に大きく貢献していきます。

 

集客の手伝いや、売上のアップの手伝いをしてる会社については、この辺も一緒に考えたり、構築したりしています。

 

ビジネスとして、ぜひ取り入れたいモデルの一つです。

 

あなたは、本業の方で、どうやってこのモデルを取り入れますか?

 

 

―岸下 大輔