@自宅にて

 

 

女子テニスの大坂なおみ選手って、ご存知ですか?

 

大阪市中央区出身のプロ選手です。

お父さんがハイチ系アメリカ人で、お母さんが日本人とのハーフです。

幼少期からアメリカに渡り、流暢に話すのは英語です。

日本語が辿々しく、そこがまた、可愛らしくもあります。

 

若干、20歳の彼女。

めちゃめちゃ、勢いがあります。

勢いがある時は、勢いのある波を掴むこともうまい。

 

その彼女が、10月8日付けの世界ランキングで、第4位に浮上してきました!

歴代の日本人で最高位だった、女子の伊達公子、男子の錦織圭に続き、世界ランク入りしました。

もちろん、自身初のランキング。その前が、8位でしたから、すごいことです。

 

彼女、今はまだ二重国籍状態ですが、彼女の発言にある通り、日本国籍を取ってもらって、頑張ってほしいものです。

 

今後の活躍も、期待してしてます。

 

しかし、この大坂なおみ選手。大きな弱点があります。

 

それは、メンタル面の弱さです。

このメンタル面を支えるのが、サーシャ・バインというコーチです。

 

メンタル的にやられている大坂なおみ選手を、言葉巧みにフォローしている映像がよく流れ、少し話題になりました。

このコーチあってこその、大阪選手。

 

まさに、若さにゆえに、というところでしょうか?

 

この若さゆえ〜の勢いや行動は、賃貸経営でも同じことが言えます。

 

賃貸経営をスタートされて、10年以上の方は、物件購入時の基準として、

「表面利回りは最低でも12%。やはり、15%は欲しいところ。」

何てのが、暗黙のルールでありました。

 

でも最近、物件を新たに購入される方の感覚は、全く違います。

例えば、表面利回り。

今は、8%回ればOKという感覚です。

 

10年以上前に始めた方からすれば、利回りだけでも約半分ですよ。

でも、新しくオーナー業をスタートした方は、その融資を元手に、また無い資金から知恵を働かせ、最先端のもので攻めてきます。

 

しかも、「スタートの利回りが8%で満足できる」という満足水準なのです。

つまり、考え方、攻め方、やり方も全く違います。

 

そこに、収益的にも利回り的にも、満足レベルの違う人が対抗しようと思っても、太刀打ちできません。

 

そもそも、戦う土俵が違い過ぎます。

土俵の違う相手とは、勝負してはいけません。だって、勝てないですよ。

勝ちの基準も違うし、投資リターンのOKラインも違う。

 

若くて勢いのある方に、オーナーチェンジした物件が、近隣に出てきたとします。

まず、その物件が得意とするところ、苦手とするところなどを調べます。

 

その上で、得意な分野・土俵では、競争しない。

間違っても、同じ土俵に乗ってはいけませんよ。

 

例えば、相撲取りと相撲を取るとします。

絶対、負けますよね。どんな幕下の力士にだって、勝てるわけがない。

 

ただこの相撲取りと、違う競技で勝負すれば、どうでしょうか?

長距離走なら、勝てると思いませんか?

 

これって、戦い方を変えれば、十分に勝てる、と言うことです。

 

近くに、新しいコンセプトを取り入れた物件が出てきたからといって、ただ焦るだけ、ストレスを募るだけでは、何も進みません。

ただでさえ、我々のやっている賃貸ビジネスは、ホントにストレスが溜まりビジネスですから。

 

その歴の若い賃貸経営者ではできないこと、経験値や人脈で勝つ。

その他も、様々あると思います。

 

勢いだけでは、越えられない壁ってありますから。でも、楽観していると、勢いから本当の力をつけると、厄介な存在になります。

大坂なおみ選手の大躍進の影には、サーシャ・バインというコーチがいた。

 

あなたのメンタルコーチは、ここにいますよ。

 

あなたは、どんな戦い方で若手オーナーと戦いますか?

 

 

–岸下 大輔