@コメダコーヒーより

 

 

先日の「デジタルデトックス」の記事の中で書いた認知不調和で触れた内容について。

(「デジタルデトックス」の記事はこちらから)

 

認知不調和とは、心理学用語の一つです。

 

例えば、これ。

○○○○○○□○○○○○○○○○

 

なんか□が目に止まりません?

それで、ほかの□がないか探してしまったり。

 

人の脳は素晴らしく高性能にできているので、様々なことを一瞬で判断します。

その一瞬で判断する際、重要なものとそうでないものを分けます。

 

この場合、すべて○と人の脳が判断しようとしたら、一つだけ□を発見。

すべて○と思って(認知)いたら、バランス取れないところを発見(不調和)ということです。

 

色が違っても、同じことが言えます。

 

例えば、これ。

○○○○○○○○○○○○○●○○

 

 

この応用は、様々なところであります。

 

例えば、パリッとしている営業マンが営業車の中を覗くと、ゴミ屋敷とまではいかなくとも、他に人では、どこに何があるのか分からない状態だったり…

 

ほかには、あるものと、あるものとの「ギャップ」というのも、それにあたります。

 

 

普段はそっけない人が、あるテーマについては、すごく熱く語る人だったとか。

何かボーっとしてる感じの人が、動き出したら、めっちゃ集中し機敏に動くとか。

強引にものごとを進めていそうで、実は細かな配慮がたくさんできる人だったり。

 

若い世代では、これを「ギャップ萌え」というみたいです。

要は、思わぬ側面を見たり、感じたときに、その人の魅力を感じたり、好きになったりします。

 

もちろん、このギャップが反対になることもあります。

 

しっかりしてそうで、案外抜けている箇所が多かった。

先ほどの営業マンみたいに、営業車の中を綺麗にしてそうで、できていなかった。

バリバリのスポーツマンに見えて、実はスポーツが全然ダメ。

とか。

 

この認知不調和。特徴として、その不調和の部分が強調されるということです。

 

これって、マイナス部分を大きくプラスへ転換するチャンスに使えませんか?

 

 

例えば、築30年と古くなった、外観も築年数相応、2DKの物件があったとします。

現地で物件の前に立ってみると、共用部もしっかり塗装も含め、定期的に手入れされ、綺麗な状態を保っています。

 

そして、いざ、お部屋の中へ。

 

エントランスには綺麗な花が飾ってあり、全身を見渡せる姿見が準備。

もちろん、玄関を鮮やかにするアクセントクロスも欠かせません。

 

キッチン・洗面・UB・トイレの設備は、新品ではありませんが、綺麗にクリーニングされています。

特にキッチンは、数年前にシステムキッチンに取り替えています。

 

床は白っぽいナチュラルブラウン系に、ドアは黒っぽいダークブラウン系の組み合わせ。

それを活かすように、アクセントクロスも配置。

照明器具は、一部間接照明も取り入れ、光の演出も忘れていません。

 

といった部屋なら、どうでしょうか?

 

外観から想像できないような、オシャレな空間がそこに待ち構えていると、内見したものの印象を、「古い物件だけ」の物件から「古いがオシャレな物件」に転換することができます。

 

この仕上げ具合によっては、「古い」は外れるかも知れませんね。

 

あなたの物件は、厳しくなっていく賃貸市場でも、魅力あるものにすることができますよ。

 

 

でも、気をつけてください!

 

先ほど言いましたが、不調和がマイナス部分だった場合、その部分が強調されてしまいます。

例えば、

思っているほどの設備内容でなかったり…

外壁や共用部が綺麗にされてなかったり…

ちょっと臭かったりとか…

 

あたなの物件は、大丈夫でしょうか?

 

 

ー岸下 大輔