@コメダ珈琲より

 

先週の北海道での地震が、観測史上初の震度7、本当にこわいですね。

地震は、怖い。

 

遅ればせながら、今回の大地震で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

あなたのご友人や親戚の方は、大丈夫でしたか?

 

岸下の親戚が札幌におり、心配しておりましたが、大丈夫みたいです。

電気は使えなかったものの、地域的に、水道やガスは使え、まだマシ!と言っておりました。

 

揺れた当時は、夜中ながら、タンスを必死に押さえていたみたいです。

本当に、地震は怖い。

 

先日、東京いにいるとき、明け方に地震がありました。

 

寝てしまうと、爆睡タイプなので気づかないことが多いのですが、寝つきが悪かったのもあり、iPhoneの事前告知に気づきました。

そのiPhoneの画面を見ると、震度3の可能性あり!の表示。

しかも、寝ているホテルのフロアは7階。

 

なんだか心臓はバクバク。

高校生の時に、阪神大震災を体験してから、妙に地震の音に、敏感な自分がいます。

もう20年以上経つのに。

 

で、「おぉ、まじか!」と身構えていたら、震度1。

 

これ以上揺れるのでは?、また揺れ出すのでは?、もう一回寝て大丈夫?…

と色々考えましたが、そのまま揺れることはなかったです。

 

関東は地震が多くて、慣れている人が多い、なんて聞いたりしますが、その日、この地震の話題に触れる人は少なかったです(汗

 

それにしても、こちらの台風被害が酷いですね。

台風の被害確認で、現場をハシゴしています。

どの現場から回って、その順序でやるのか、本当に頭がいっぱいです。

 

その現場に行ってよく、気づくというか、気になることがあります。

それは、

 

大変言いにくいんですけど、あなたのために言いますね。

 

それは、被害が出たその部位や物件が、元々かなり劣化していることが多いということです。

もちろん、たまたま運が悪かったとしか言えない物件もあります。

 

しかし、例えば、今回の被害で多い、瓦棒や笠木など板金仕様の箇所。

 

瓦棒というのは、スレートや瓦の代わりに、薄い板金で仕上げる工法です。

 

スレートや瓦に比べ、建築コストが安く、比重が軽い。

そのため、瓦などを載せる躯体と比べ、そこまで重みに耐える躯体にしなくてもよくなります。

 

つまり、躯体でもコストダウンできます。

別の利点として、頭が軽くなるので、地震には強くなります。

 

でも、そこは板金。

やはり錆びてきたり、放っておくと、錆びて穴が開くことも。

 

そのためには、欲を言えば、錆びる前には塗装したいところ。

予算が許せば、下に水が回っていないか?固定は大丈夫か?などのチェックもしたいところ。

 

それをやっていなかったばかりに、バリバリ、ベリベリに捲れ、飛んで行ってしまったところもありました。

 

新しい物件では、被害がでた場合、想定外の事象か施工ミスです。

でも多くは、限界を超えて、そのままにしていたものが…

 

台風が厄介なのは、保険も同じです。

あなたは、今回の被害の件で、保険屋さんに連絡されました?

 

第三者(例えば、お隣さんに樋が飛んでいき、それが窓にあたり、割ってしまった。もしくは、歩いている人に怪我させた)って時は、保険対応してくれないケースがほとんどです。

なかには、特約事項に適応される場合もありますので、そこは確認ください。

 

こうなってしまったら、裁判での判例がどうあれ、保険がどうあれ、後味の悪い残り方になりますよね。

特に、気持ちがね。

 

今回、仮に何も飛んでいかなかったとしても、雨漏りしなかったとしても、あなたの物件はお金を生み出す、大切な資産です。

 

仮に費用が掛かったとしても、定期的に物件の検査や調査を実施されてはいかがでしょうか?

 

その費用の捻出は、もちろん、あなたの物件になります。

だから、簡単に、家賃は下げてはダメなんです。

 

サービスを維持するためには、コストが掛かります。

そのコストは、しっかり回収してこそ、サービスが維持できます。

 

もちろん、機会損失も関わってくるので、空室期間がたくさんあるのは問題ですが。

 

今回のような災害発生時に、メンテナンス含め、今後の戦略を検討してみてはいかがでしょうか?

 

ー岸下 大輔