@自宅にて

 

 

桜も満開になりましたね。

すごく綺麗ですね。

 

気候も気持ちいい。

 

この春の陽気に誘われて…というわけではありませんが、ちょっと変わった方っていますよね?

 

あっ、岸下も変わっている方だと、自分で思ってますよ。

ちゃんとできないことも、多いですし(汗

 

こういう話をすると、何が真面目で、まともなのか、分からなくなってきますけど、それを差し引いても、ん?と思う方にたまに出くわします。

 

 

特にこの仕事をしていると、自分の普段のテリトリーでは、全く会うことも話すこともないだろう、という方とお会いする機会が多々あります。

 

管理会社さんやオーナーさまから連絡を受けて、「どこどこが壊れたみたい。対応してほしい」と言われる場合が、正にそう。

 

ウチもチーム制でやっているので、私が連絡する時もあれば、事務スタッフやチームの者から、連絡させていただくこともあります。

 

その中で、今回は私が直接やり取りをしていた時のこと。

 

それは工事日のやり取りを始めて、すぐのタイミングで感じた、違和感からのスタートでした。

 

こちらが、「20日以降の中でご希望日はどうですか?」の問いかけに、「20日までが希望」という回答。

 

では、何とかお応えをして!と、職人に20日までのスケジュールを調整してもらい、その日程を相手に伝えると、「その日は都合が悪い」の一点張り。

 

他の希望日を聞き、もう一度スケジュール調整。

 

次は、可能日時を聞いた上で、調整を掛け、その可能日で打診すると、「帰ってこれるかどうか分からない」との回答!

 

その日のその時間帯なら、オーケーって言ってたやん!

 

たまらず電話でやり取りをするものの、途中からみるみる相手の機嫌が悪くなり、日程調整が進まない。

 

そこで言われたのが、「とりあえず、その日のその時間にして、ダメなら直前にキャンセルします」と。

 

 

最初に戻ると、そもそもこちらは20日以降って言ってるし。

そこを、それまでに!って頑張って調整して、入居者の希望に合わせておいて、その上ドタキャンの可能性もあるの?

 

挙句の果てに、その入居者からは、連絡をしてくるのが遅かった!とか、管理会社を通じて、この件を説明しろ!など話しが全然違う方向に。

最後はなぜか怒ってるし…。

 

ということで、一呼吸置くことに。

 

 

ちなみにこのやり取り、何も知らない方からすれば、「もっとちゃんと、調整せーよ」って思うでしょ?

 

 

実はこれ、「入居者がモニター付インターホンをつけてくれ」と要望してきて、オーナーが渋々OKしたもの。

 

つまり、器具や設備が壊れた訳でもなく、要望されたもの。

そしてもちろん、工事にかかる費用は全額オーナー持ち。

 

 

実はこの後、まだまだ続きがあります。

 

この入居者さん、管理会社にもかなり食ってかかった様子。

電話対応した担当者に対して、かなり侮辱と暴言を吐いたらしいです。

もちろん、ウチに対しての侮辱も。

 

 

たまらず担当者が、「オーナー指定の業者に対する侮辱、オーナーから委託を受けている管理会社に対する侮辱は、オーナーを侮辱と一緒です」と口論になったようです。

 

 

全て自分の都合が良いように話し、ときに被害者のように振る舞う。

そして、すべて管理会社、ウチなど、相手のせいと主張。

 

最後は、意思疎通が出来ず、誤解があったことが問題なんだ!という主張。

いやいや、問題はあなたの暴言と自己中心的な行動と態度ですよ。

 

で、工事費用のお金は、オーナー持ちにさせる。

バカにされ侮辱された上で、誰が動いてくれるんでしょうか?

 

 

ここまでになることは、非常に珍しいケースで、ちょっと驚いていて記事にしちゃいました…。

 

次は、もうちょっと、有意義な記事にしますね(汗

 

 

―岸下 大輔