@トスクホームにて

 

 

あるオーナーから、連絡があったのですが、「どうしても、助けて欲しい」というのです。

 

そのオーナーからの連絡は、実に久しぶり。

 

「珍しいなぁ」と思いつつ、何か直感が働きます。

人間って、第六感ていうのがあるじゃないですか。

 

何かちょっと気になる…

やっぱり、違和感を感じる…

すると、その後に嫌なことがあったりしますよね。

 

 

第六感っていうのは、人の防衛本能の一つと言われてるみたいです。

 

あなたも、そういう第六感が働く時ってありますよね?

 

実は、まさにこの連絡があったときに、働きました。

 

その内容が、オーナーは、ワンルームタイプが50戸のマンションを、所有されている方です。

ほかにもファミリータイプも複数物件をご所有。

 

ですが、その中でワンルームタイプが、数年前から入居率も徐々に悪くなり、維持していくのも、結構ご苦労があるというのは、何回か聞いたことがあります。

 

で、今年はさらに、また退去が続く様子。

 

その物件の近くには、数年前に大学の校舎が、移設してきました。

ある意味、交通の便がすごくいい場所に建ってしまって、実際にはワンルーム需要は、それほど多くないのだとか。

 

もちろん、その隙間を縫って、新築されたワンルームもあるんですが、やはりそこは新築。

そのアドバンテージ、プレミアには勝てません。

 

 

それで、

「どうにか対抗できないものか?」

「入居者を捕まえたい」

という相談なんです。

 

こんなこと言うのも、アレなんですが…

 

このオーナーからお仕事を頂戴すると、ほとんどの確率で値切られる。

その話しを職人とすると、そんな仕事請けない方がいいのでは?と言われるほど。

 

工事がスタートした後に、金額の変更の話しをしてきたり、完成後にクレームが続いたり。

 

 

商売をしてる人なら、よくお分かり頂けると思うんですが、利益率の不思議な話しがあります。

 

それは、利益率の低い案件ほど、スムーズにいかなかったり、クレームが多かったり。

そして、発注された方の満足度が低い。

逆に、利益率の高い案件ほど、段取りも何もかもスムーズに進み、発注された方の満足度が高い。

 

 

今の修繕・改修工事がベースだと、ライバル他社も多いので、ウチとしてはそんなに高い利益率では、設定できないっていうのが、実情ですが…。

 

その微妙な差でも、大きく結果が違ってきます。

 

その余裕が、他のサービス拡充にあてることも可能ですし、やはり、他の案件以上に、恩義を感じるのは確か。

 

その感謝の思いで、大変なこともお応えしたいと思いますし、お役に立ちたい、別の形でも利益を得て欲しいとも思います。

 

それは、岸下の素直な気持ちです。

 

まぁ、この話しは横に置いといて…

 

 

話しは戻りまして、案の定、そのオーナーから相談乗ってくれという話しでした。

 

今までも、相談に乗った上で、金額も叩かれて工事を請けることになったことも。

 

でもこれは、他に有料で相談やコンサルタントの役割をしているオーナーに対して申し訳ない。

 

ということで、その相談を受けることを、断ろうとしたんです。

 

でも、なかなか引き下がってくれなくて、結局、有料で相談を受けました(汗

 

 

でいくつかアドバイスをさせてもらったんですけども、正直、空室が多い状況からも、お金がないという問題点がありました。

 

この「お金がない」は、多くの方が潤沢な資金で、賃貸経営をしてるわけではないと思うんですよね。

 

その辺を差し引いても、かなりキツいという話しだったので、それでも使えそうな内容を、いくつかお伝えし、実際にやってもらうことになりました。

 

と、その内容を書こうと思ったのですが…

 

既に長くなってしまっているので、続きは次回に、お届けしますね。

それでは、また次回に。

 

 

―岸下 大輔