@名古屋駅のスタバにて

 

 

昨日お送りした記事を読み、すぐに連絡をいただいたオーナーがいました。

 

そのオーナーは、学生向けマンションとファミリー物件を持っていらっしゃるオーナー。

ファミリー物件については、入居に焦ってはないけど、学生向けマンションについては、今年は退去者が多い年。

 

学生向けマンションの特徴の一つに、例えば今年の退去が多ければ、来年は少なくなる。

再来年は、また退去が多くなる。という傾向性にあります。

 

そんなパターンの繰り返しなんですよね。

 

で、退去が多い分、なんとか新入生を捕まえておきたいが、振り回された状態で、なかなかご苦労も多い。

 

 

その上で、「確かに」と思ったのが、昨日の記事だというのです。

(昨日の記事はこちらから → http://manshitsu-kyoto.com/information/d1130/ )

 

こちらとしても、少しでもお役に立ったのかな?と嬉しくなる瞬間です。

 

その、何に「確かに」と思ったのか?といえば。

それは募集広告。

シェアするという意味で、今日はそれに触れたいと思います。

 

ちなみに、大半のオーナーは、この募集広告に何の疑問も持っていません。

 

そこに目をつけたあなたは、それだけでも、他のオーナーより一歩前に進んでいますよ。

 

この募集広告。

ネットにしても、通常の紙ベースのどちらでも結構です。

まず、あなた自身の物件について、募集広告をご覧になったことはありますか?

 

管理会社さんが、同じなのであれば、最初の募集広告と最新の募集広告を見比べてみて下さい。

 

もし仲介の方に、独自で作ってもらってるんであれば、それでも結構です。

 

そして、近隣のライバルかな?と思う物件の募集広告も集めましょう。

 

そしてそれを、見比べます。

 

どうですか?

あなたの募集広告は、魅力に感じますか??

 

 

不動産好きのあなたとしては、あるいは、我が子のように可愛い物件については、ひいき目に見てしまうでしょう。

 

それでも厳しい目で見てください。

 

もしそれに自信がなければ、あなたのパートナー以外の方に、第三者目線で見てもらってください。

 

普通の募集広告に見えますか?

それとも、何かアピールしようと思ってる募集広告に見えますか??

 

 

今は、ネットで物件検索する人が多くなってきてますから、絶対に写真映えも大事です。

ただ、その物件の情報を、アピールするということも、もちろん大事です。

 

あなたの物件の1番の営業マンは、あなた自身なんです。

 

「管理会社を、叱り飛ばしたから、入れるだろ」

そんなことでは、最後は誰も協力してくれなくなります。

 

あくまで、営業の手綱を握るのはこちら。

 

そしてそれを表してる、ツールの一つが募集広告です。

仲介の方、管理会社の方にも、使ってもらいやすいツールで、部屋探しをしている方に訴えてもらう。

 

 

あなたの物件に住めば、どんな生活が手に入るのか?

それを、五感に訴えかけるような広告にしましょう。

 

そう、相手がイメージできるように。

このイメージを抱かせる、描かせることがポイントです。

 

ですから、

「クロス張替え済み」

なんてよりも

「お友達が来たとき、部屋が臭いって思われたくないですよね?だから消臭機能付きの壁紙にしておきましたよ」

など。

 

でも、ウソはダメですよ。

 

あとここは基本的に、人に任せちゃダメなところなんですよね。

 

だって、あなた程、あなたの物件に対して、愛情持ってる人はいないですから。

 

また、実際に利を得るのはあなたですが、管理会社としては、非常に手間が掛かって売り上げにならないところ。

 

もし、このような募集広告を管理会社に作らせるなら、その分の手数料は払いましょうね。

 

 

―岸下 大輔