@自宅にて

 

 

ついこないだも、この話しで盛り上がってたんですよ。

どこもかしこも、当たり前のようになりつつある、人手不足の話し。

 

で、今回盛り上がってたのは、引越し業界。

 

「引越し業界も、人手不足なんですねー」

なんてタカをくくっていられない状況になりつつあるんですよ。

 

もしかすると、あなたにも影響があるかもしれません。

 

どういうことかというと、あのヤマト宅急便のある、ヤマトホールディングスの子会社、ヤマトホームコンビニエンスから、昨年の夏にある問題が発覚しました。

 

それは、法人向け引越し料金の過大請求です。

これが浮き彫りとなり、昨年の8月から、ヤマトホームコンビニエンスは引っ越しの引き受けを停止しています。

 

今年の1月には、国交省から業務改善命令を受け、問題が確認された123の支店では、車両使用停止という行政処分を受けました。

 

このために、引越し業務の再開は、4月以降とみられています。

 

ということは、引越しの繁忙期でもある3月は、稼働しないということなんです。

 

 

やっぱり、引越しの繁忙期は3月と4月。

この時期は、平常時の倍の件数になるらしいですよ。

 

その数、引っ越し大手6社だけでも、実に33万件。

 

ヤマトホームコンビニエンスは、大手6社の中でも1番小さなシェア率で、全体の10%ほどとなっています。

 

「10%やったら、なんとかなるやろ」

と考えがちですが、よく考えるとそれは難しい話ではないでしょうか?

 

 

この3・4月だけが、平常時の2倍の件数になるけど、常は少ないってことです。

年間を通して雇用を確保するのは、難しいんじゃないでしょうか?

 

実際に、業界シェアを伸ばしたくても、繁忙期だけの期間、伸ばすだけの価値があるのか?といえば、この人手不足から見ると、人材育成やその他の費用も含めると、あまりしたくないことなのかも知れません。

 

 

業界大手に限らず、小さな会社まで含め、

「今年は去年以上に、引っ越し難民が発生する」

もしくは

「去年と同等位の、引っ越し難民が発生する」

と、6割以上の引越し業者が答えているという統計もあるようです。

 

このことを想定して、国交省も引っ越しのピークを、ズラすようにと声かけをしてるみたいです。

 

その声、届くかなぁ。

 

 

この内容、何があなたに影響するか?といえば、「今入っている入居者さんが、退去してくれない可能性がある」という事なんですよ。

 

本人も、引っ越しをしたいが、引越し業者が捕まらない。

後に入る人が決まっているのに、出てくれない…。

入る場所が無いなら、次の人が入居を諦める…。

 

その諦めた後は、もちろん、入居ピークは去ってるわけなんですよ。

 

すると、しばらくの間、空室のまま。

 

 

そんなことならないように、退去される方の引越し業者のことも、頭に置いておきましょう。

 

場合によっては、業者探しを一緒に手伝うのも一つかと。

また入ってきてくれる方の、引越し業者さんも、気にした方がいいかも知れませんね。

 

入居時期がズレてしまっては、その分の家賃を払ってもらえませんから。

 

こういう引っ越しは、他の流れにも影響を与えます。

原状回復工事も然りです。

 

もし可能であれば、早めに出ていただくとか、入ってもらうのを、後ろにズラしてもらうとか、実際にも、そんな調整が必要なのかも知れません。

 

 

あなたの物件では、どんな引っ越し難民対策をされますか?

 

 

―岸下 大輔