@オフィスにて

 

 

はじまりましたね、退去シーズン。

最近、一気に「退去したから」といただくようになりました。

 

ご連絡をいただくことは、大変にありがたいですが、賃貸物件を運営するあなたにとっては、嫌なことのひとつですよね。

 

だって、入居していれば、そのまま家賃が入ってきますし、ある意味で安泰。

 

まぁ、中には、出て行って欲しい方もいるかも知れませんが…。

 

 

それはさておき、「退去が決まりました」とか「退去予定です」って話は、ドキッとするものです。

 

さて、この退去。

何が嫌かって言うと、室内を工事しないといけませんし、その間、次の入居者が入るまで、家賃も入ってこない。

 

 

その「退去」というキーワードが嫌で、聞かないようにしている方多いですが、あなたは聞くようにしてますか?退去の予定を。

 

退去の告知が一ヶ月と設定している方が多いと思います。

 

管理会社に委託している場合、すでにやってくれていることも多いと思いますが、この告知に関係なく、退去予定をアンケートなどで直接聞くこともオススメします。

 

なぜか?

 

一ヶ月前告知よりも、もっと前もって退去時期が読めれば、業者の確保もやり易いし、自分も焦らない。

 

その流れからも、早々に入居募集の段取りも移れる。

 

今は、人口減少、世帯減少の時代。

まさしく、入居者を奪い合う時代に入っています。

 

気楽に気長になっていたら、ずっと空く可能性もあるような時代。

 

全国の賃貸用住宅の空室率をご存知ですか?

今さっきHome’sで調べたら、19%でした。

 

京都府下全体では、17.5%。

この数字、どう思いますか?

 

「京都府下やろ?田舎地域は空室が多いんちゃう?」とか、京都市内はもっとマシなはずと思っていませんか?

 

 

京都市内は空室率が高い順から、

北 区、24.2%

東山区、22.7%

下京区、20.6%

中京区、17.4%

南 区、17.4%

山科区、17.4%

伏見区、17.3%

左京区、16.1%

右京区、15.8%

上京区、14.6%

西京区、12.9%

となります。

 

京都市内だと空室率は17.5%で、京都府下と変わりません。

ちなみに、間取りや立地条件は全く問わずという話ですが、京都市内で空室になっている部屋の数は、57,000室以上です。

 

すでに空室になっているところは、時間を味方につけて、様々な入居促進の準備を行い、作戦も練っているはずです。

 

 

そう思えば、周りは強力なライバルだらけ。

そこに対抗するためには、前もって、募集をかけれる体制を作っていくことは、やはり不可欠なことになります。

 

しかもライバルは、空室に比例して、増加傾向にあります。

そこに、例えば、3DKの物件をシェアハウスとして、ワンルームを希望する方を抱え込むなど、別のライバルの出現も!

 

 

すでに、1月も中旬やし…と思わず、アンケートをとりましょう。

このタイミングでも、まだ間に合いますよ。

 

一番ダメなのは、そうか…と思って行動しないこと。

 

すでに空室になっているところも、この退去シーズンに空室になってしまうところも、入居のチャンスであることには変わりありません。

 

ぜひ、入居を掴み取りましょう!

 

 

―岸下 大輔