@事務所にて

 

 

業界紙を読んでいて、目に付いたコーナーがあります。

 

そのコーナーは、今も人口が増え続けている名古屋圏で、賃貸経営をされているオーナーが3人出てきて、座談会形式で語り合っている企画です。

 

人口が増え続けていると聞けば、どのオーナーも、もれなく恩恵を受けているかといえば、やはりそうではありません。

 

賃貸経営に対する取り組みの姿勢や意識よって、様々格差があるというのです。

 

まず大きなところでいうと、更地に建物を建てて借金をする。

いわゆる、相続税対策というやつです。

 

私は、20代の頃はレ○○レス21で、今問題になっているアパート売りまくっていた人の1人です。

 

その時に、お客様となったほとんどの方が、田んぼや畑、駐車場等の更地を持っていて、それを相続税対策のために、建物を建てて借金をする。

そうして、資産の減額を図るという方法をとっていました。

 

今でも、そのやり方が、ほとんどじゃないですかね。

 

だから、そんな田舎に建物を、たくさん建てても大丈夫?と思う不安に対して、メーカー側の営業マンは「借上家賃」や「サブリース」など、甘い言葉を囁いて、受注を取りまくっているんでしょうね。

個人的には、借上やサブリースは、そんなに信用性が高いと思い込むのは、どうなのかな?と思ったりします。

 

実際に、集団訴訟を起こされるずっと前、私が勤めているときから、「借上賃料の値下げ交渉をする」というのは、やってましたよ。

 

今、ビジネスの世界では、5年先を見通すのも至難の業。

 

昔からある収益モデルとして、存在する賃貸系事業とはいえ、今から10年先の家賃相場まで見越して、設定するの難しいんじゃないでしょうか?

 

レ○○レス21のときの裏話は、また別の機会に。

 

 

さて、その記事に話は戻ると、満室を維持できるオーナーと、空室を増やしてしまうオーナー。

根本的に違う点が2点あるのだとか。

 

まず、満室を維持できるオーナー。

それは、自ら情報収集して設備投資できること。

そして、賃貸需要の将来予測を元に、行動ができること。

 

逆に、空室を増やしてしまうオーナー。

それは、相続税対策に偏り、賃貸経営そのものに関心が低い。

そして、情報収集や追加投資に消極的であること。

 

これは、私が言っているのではなく、先ほどの現役オーナーたちです。

あなたも、思い当たる節があるのでは?

 

 

岸下が、今まであなたに情報提供してることが、あなたの10年後の大事な収益や資産形成に、非常に大きな影響を与えていることを改めて実感しました。

 

先ほどの賃貸需要を予測する話ですが、2020年の東京オリンピックに向けての好景気、その後の反動で景気の低迷って話はよく出ますけど、どう思いますか?

 

個人的には、私もオリンピックまでは良くて、その後は景気が悪くなると思ってます。

 

しかし、全くチャンスが見出せない状態なんでしょうか?

賃貸に関連することでも、です。

 

全体の出方を伺うのも、1つなのですが、それでは結局、後手に回ってしまう。

やはり利益を1番取れるのは、先行者利益。

 

ちょっと前、記憶に新しいところでは、仮想通貨なんかそうですよね。

最初、よく分からないもので、めちゃめちゃ安い金額でした。

それが、あれよあれよという間に値上がりし、世間に「億り人」なんてキーワードも出来ました。

 

やはり、先行者利益の賜物。

 

このあたり、情報や行動、学ぶ姿勢が、ものいうのでしょう。

情報をつかんで行動した人が、それに見合う対価を得るってことです。

 

ご縁あるあなたには、満室を維持できるオーナーでいて欲しいものです。

 

 

―岸下 大輔