@事務所より

 

 

ほぼ弾丸だった旅行のせいなのか、年齢的なとこなのか、沖縄からの疲れを引っ張っている岸下です。

最近、つくづく体力が落ちたと思うからなぁ。

 

少しは筋トレとか始めてますが、やはり、有酸素運動のランニングなどもしないといけませんね。

 

そんな話は、さえておき、先日、あるお客様との話の中でも一コマ。

1Rという間取りということもあり、この時期の空室は、結構長引く可能性があります。

 

そこで、そのお客様と管理会社さんとのやり取りで、家具など置きモデルルーム仕様にされることに。

 

モデルルーム仕様にすると、確かに、入居申込が入り易いですよね。

 

確かに、家具を揃えるにも費用もかかりますが、機会損失を考えれば、この手は有りです。

 

以前、モデルルームをお勧めした際、こう言われたことがあります。

「その家具は、入居が決まれば、どこに置いておくの?」

「入居者にそのまま家具を貸した場合、退去時に傷だらけだったり。次に持っていかない場合、処分費はこちら持ちになるなら、こっちの持ち出しが大きくなる。」

など、言われたことがあります。

 

これを言い出すと、何も出来ないような気がします…。

何もかも、入居者のみの負担ではできないでしょう。

案の定、こちらのお部屋は、入居が決まるまで、かなりの日数が掛かっていました。

 

細かいことは構わず、えいやーでやりましょう!という話しではありません。

 

そのモデルルーム仕様、なぜ、決まり易くなると思いますか?

 

この本質を抑えておくこが大事だと思います。

この本質を抑えておかないと、いつまでもテクニックを追い求めてしまいます。

 

テクニックとは、「入居が決まり易くなるから」の枕詞に動かされ、

防犯対策に大きな費用を掛けた

アクセントクロスを散りばめた

キッチンにダイノックシートを貼り、イメージチェンジした

とか。

 

どれも有効的な手ですが、基本はあくまで小手先のテクニックの話です。

 

もちろん、ウチでも先ほどの話はしますし、工事も請けます。

実際にやって、多数効果を発揮しています。

 

その上で、本質が大事という話です。

 

今回のモデルルーム仕様で決まりやすくなる本質は、

「入居後の生活が、想像できるから」

です。

 

あなたは、ご自身の物件ですので、お部屋の中は見慣れているでしょう。

 

部屋の中の使い勝手。

逆に気づかないで…と思う箇所も。

もちろん、部屋以外に、近隣の買い物先、利便性の云々までも。

 

でも、お部屋を探している方は、お部屋の中はもちろん、近隣状況もわかりません。

 

その中で、複数候補のある部屋の中から選ぶ際、結局違うのは、家賃と立地条件だけになります。

 

そこに、少しでも、生活のイメージを持ってもらい易くします。

ここにベットがあって…、机があって…、ソファーがあって…、パソコンが置けて…、この収納には、こういうものを置けばいいのか?

などです。

お部屋探しをされている方は、お部屋探しのプロではありません。

 

実は、ご自身の生活スタイルも、お部屋の内装や使い方も、こうしたい!と明確になってない方の方が、断然に多いです。

 

そこに、具体的にイメージできるのは、モデルルーム仕様というのは、これほど強力に背中を押してくれるものはありません。

 

だから、他の物件と比べた際、

よくわからないもの VS  こんなこともできるのか?楽しい

といった感じになります。

 

そこが、入居に繋がり易くなります。

 

この「本質を掴む」というのを意識してくださいね。

これは、あなたのビジネスでも活かせますよ。

 

あなたなら、どんなモデルルームにして、物件の魅力をアピールしますか?

 

 

PS

モデルルーム仕様。

管理会社の方や、誰かにやらせる場合、事前に打合せを行い、最終はご自身の目で確認してくださいね。

その方のセンスにも、左右しますから…

 

 

ー岸下 大輔