@事務所にて

 

 

 

10.15付の全国賃貸住宅新聞に、入居者に人気の設備ランキングが発表されました。

こういったランキングは、集計するエリアやそもそもの母数によって、結構、波が大きいランキング。

ですが、参考にできるので、感覚をパクりましょう。

 

あっ、あなたは、パクるってのがよく無いと思っていませんか?

 

真似る、参考、参照、引用、言い方はなんでもいいですが、うまくいっているものを真似ていくのは、成功の王道です。

 

だって、あなたも、今の賃貸事業は、何かの書籍や管理会社から聞いた情報を元にされていると思いますが、これも元を辿れば、全てパクっています。

 

いいものは、パクっていきましょう。

岸下は、この精神が好きです。

 

これには、理由がちゃんとあります。

あなたの賃貸事業、ビジネスの参考にしてください。

 

 

岸下は、全く新しいものの開発や研究などは行いません。

この記事を読む、勉強熱心なあなたは、気付いているかも知れませんが。

 

うまくいっている例や情報を仕入れ、組み替え、アレンジして使っています。

 

元々から、イノベーション(革新)、リノベーション(修復・再生)を得意としています。

 

そう、一から作ることはしません。

一から作れる人を、素直にすごいと思います。

 

一から作らない利点は、再現性が高いということです。

 

すでに実験証明し、成功したものを使っているので、失敗が少ない。

 

一から作ったものは、実験・テストを行う回数等が、非常に多い。

パクったものをベースにしても、テスト等は行うんですよ。

でも、テスト等も含めてもそれ以上に、一から作ったものは、すごい時間と労力がかかる。

 

ウチも、単に管理会社さんの下請けしかしない、入居促進になるような提案はしない、言われたことだけやる単なる安い業者であれば、このメルマガやブログ更新など、こんな手の掛かることはしません。

毎月のお手紙などもね。

 

 

ウチは、「大家さんの作った、大家さんのための会社」をコンセプトに掲げています。

ただし、単なる安売りだけを望むなら、他社さんの方が安いときもあるでしょう。

 

でも、賃貸経営は、基本的には長い視点に立って、運用していくことが不可欠です。

 

短期の転売を主に考えるのであれば、別ですよ。

ですので、物件によって、戦略を変えるのは、理にかなってますよね。

 

長期で運用する場合、安いだけ、応急処置でなんとか、目先のことだけ、では地雷を自分で巻き、自分で踏んでしまうことも。

 

そのようなことを避けてもらうために、ある意味で珍しい、リノベーション・大規模修繕〜原状回復工事を行なっているのが、ウチです。

 

そのような立ち位置のウチとしては、やはり、確率の高い方法をご提案したいワケですよね。

縁あるあなたに、失敗して欲しくもないですし。

 

 

となると、再現性の高い方法をご提案したい。

でも、丸っと同じで、しかも同じ業界にいると、場合によっては訴えられることも。

 

これが異業種なら、そんな心配もないんですけどね。

 

そこで、自分の性分を加味して、全くの新しいものは生み出せませんが、成功例をイノベーション(革新)、リノベーション(修復・再生)をさせるようにしています。

 

だから、岸下のような40歳の若造でも(会社発足時は、32歳でした)、いろいろな物件を再生させてくることができました。

 

これも、元々は最近、賃貸業界でよくない話で有名になりました、レ○○○ス21で、建築請負営業部門で、やり手の課長として(いやぁ、自分でも恥ずかしい…)やっていたとき、レ○○○ス21の管理・仲介部門の方から仕入れた話なども、ベースになっています。

 

結構、営業担当マンのときから、売りまくっていました…。

 

(ある意味、様々、ごめんなさい、って気持ちもあります。

私が担当した物件が、問題物件になっていないといいのですが…。

なので、こういう仕事はしたくないので、ちゃんとした仕事がしたい)

 

 

話は戻りますが、今の状態も、一種のパクリからの派生。

 

以前の記事にも書きましたが、他業界でうまくいっているものも、パクるにはいいですよ。

他業界では当たり前でも、自分の業界では、めっちゃ新鮮!ってのがたくさんありますから。

 

 

と、今日は、別ごとで話が長くなってしまいました。

 

ランキングの内容は、明日、お届けしますね。

それでは、また明日。

 

 

ー岸下 大輔