@事務所より

 

このメルマガを書くようになり、気になったことやセルフィー(自撮り、スマホの画面側のカメラ、インカメラとか言ったりします)を、意識的に増やしています。 

 

今まで、あまり自分の写真を撮る方ではなかったので、何だかこそばい感じです。 

 

でも、今までのお手紙でもそうですが、 

「岸下さんの写真が毎回手紙の中に乗ってるからか、何か親近感が湧くよ」 

とか言ってもらえると、こういう写真も大切やなって思います。 

 

でも、写真を撮り、確認するたびに 

「老けたなぁ」とつくづく思います。 

 

老けたというより、太ったと言いますか。 

 

私、岸下 大輔は、今年40歳になりました。 

早生まれなので、同級生では早い人で、すでに41歳になっています。 

 

太ったという話をすると、「お前はマシやで」と言われます。 

自分で言うのもなんですが、体質というか、遺伝というか、ポッチャリ体型ではありません。 

 

腹が出てきそうですが、それも多少くらい。 

まぁ、横っ腹は、お肉が乗ってきてますが。 

 

カッターシャツを着ても、あまり気にならない程度です。 

 

でも、それに胡座をかき… 

全くと言っていいほど、運動することから、遠ざかっていきました。 

そして、何気にコレステロール値が高い(汗 

 

20代半ばと比べれば、重力で顔の肉が下がってきたのもありますが、それ以上に顔が丸い。 

なんとも、順等に丸々と年齢を重ねた感じがします。 

 

そこで、ダイエットをしようと宣言すると、周りから「そんなんしなくても大丈夫」と言われることも多く、「そうかなぁ」と変な安心感もあったりします。 

 

自分の口では、痩せて変わった方がいいよな。痩せて変わりたいなぁ。と思いつつ。 

 

意識はしているので、毎日のように、 

「ジムに通おっかな?」 

「まず自宅で筋トレを」 

「このご飯を少し抑えて」 

「明日こそは、歩くことから始めよう」 

と思いはするんですが、結局、実行されず終い。 

 

こんな経験、あなたにもありませんか? 

 

「そんな実行出来ないやつと違うぞ!」 

と声が飛んできそうですが。 

 

 

でもこれって、賃貸経営にも言えると思うんです。 

 

うちは家賃が低いから、家賃を上げれるようなことをしたい。 

入居率が悪くなってきたから、抜本的な改革を。 

先を見越して、次こそはリノベーションをして。 

などなど。 

 

口では変わりたい!変えたい!と言っても、実際の本音は、 

「現状のままいたい」 

「変えたくない」 

「変わりたくない」 

という気持ちがあります。 

 

元来、人間は、変化をあまり好みません。 

つまり「変えたくない」のです。 

現状維持、そのままでいたいと思うのです。 

 

「楽がしたい」とも言い換えられるかもしれません。 

 

これは、人間の進化の過程に、遺伝子レベルに刻まれてきたものです。 

 

でも、賢明なあなたはご存知のはずです。 

今のままでは、何も変わりません。 

 

放っておいて、入居率が上がることはりません。 

満室経営になることもありません。 

入居者の質が上がることもありません。 

 

その変えていく行動を起こした方が、結局、勝ち組と言われる方になります。 

 

でも、攻めていく際には、もちろん、しっかりした作戦も大切です。 

 

何も考えず、突っ走って、最後にまとめきれなかったら…、恐ろしい。 

 

でも、行動するからこそ、見えるものがあります。 

行動するからこそ、別の手が打てるようになります。 

経験値が増え、情報も入り、発想も広がります。 

 

あなたこそが、あなたの物件の最高の営業マンです。 

物件だけに限らずですが、「変えたい」と思ったことに「変える行動」を、はじめてみませんか? 

 

 

私も、顔を引き締めるダイエットをはじめます。

 

-岸下 大輔