動産に対する最近の選択肢の一つを、拝見させて頂いたという件です。

 

<その内容は?と言えば、戸建賃貸住宅にレンタル収納を合わせ技で用いた投資です。>

 

正直なところ、当初の私の予想では、現在ご所有の土地活用の一つとしてご相談をお受けすることが多いかな?と思っていました。

 

ご存知の方も多いですが、私は元レ○○○スで働いておりました。

しかも、北関東でNo.1営業マンの実績があります。(京都とちゃうんかい!ってツッコミもよく受けますが…)

 

戸建賃貸住宅に対する反響もあったのですが、土地活用の観点から別のお話が伺えました。

 

 

相続対策や更なる有効活用を考える場合

 

 

相続対策で言えば、今までの地主タイプのオーナーに多かったのが、現在ご所有の地所に対して、マンションやアパート、最近だとサ高住と言われるサービス付き高齢者向け住宅などを建築し、その費用は銀行融資を受け、いわゆる、負債を作る。

そうすれば、ご所有者がお亡くなりになった際、資産が減額評価され、相続税が下がる、または支払わないで済むようにしておくことが、決まりパターンの一つを考えられてきました。

 

私が、元レ○○○ス社員だったころのお客様は、このパターンの方がほとんどでした。

 

また、土地活用においては、収益重視であれば1Rタイプ。

立地的に1Rが難しい場所は、ファミリー向けタイプ。

土地の面積、用途地域などの法規面、資産状況等に応じて、戸建賃貸の建築をお奨めしてきました。

 

 

それで本当に、十分ですか?満足ですか??

 

 

「人間、欲をかくとロクなことが無いから」と言われるオーナーがいらっしゃいますが、不動産をご所有ではない方、代々守り続ける土地が無い方、不動産投資をされてない方からすれば、投資で収益を得ている自体、欲をかいて…と見られています。

 

でも、実際には不動産投資は、様々な心労も重なり、地獄のような税金に追われることもあります。

また、事業ですので、収益に見合う努力や資金を投下しなければ、右肩下がりになっていくことは、不動産をご所有ではない方が知らない、明確な事実です。

 

 

そんなオーナーの一部の方が、始めているケースが、今回のご相談で分かってきました。

 

実は、相続対策という観点だけで考えず、事業としてより良い立地の土地を新規で購入し、不動産投資を行うことを考えています。

で、実際に購入交渉をされている方もいらっしゃいました。

こちらは、購入時からいずれの売却時を想定し、話が進むことも多いとか。

 

また、資産の入替も行い、常に状態の良い物件にしておくことも視野に入れる。

 

 

インフレになる?

 

 

日本は長らく、デフレスパイラルから抜け出せない状況でしたが、近年の株価や経済状況をみると、抜け出したのでは?と考えても不自然ではありません。

 

路線価もバブル期を越えており、それに伴い、我々の実態にはどうあれ、景気は上向きになってきました。

しかも、相変わらずの超低金利時代。

日銀の政策も後押ししてくれます。

そんな資金調達後の返済が楽な時は、投資熱が沸き起こっても、おかしくありません。

 

 

インフレになれば、現金の価値が下がるのに、その投資はインフレ対策に繋がるので、尚良しですよね。

 

 

他にお聞きした内容では…と、すいません、紙面で書き切れなくなってしまいました。

 

 

まず、お気楽に「インターネットのホームページを見た」ご連絡下さい。

 

もちろん、ご存知の通り、無理強いをするような売込みは行いません。

やらなくて良いものをやるような、費用の無駄遣い提案は行いません。

 

大変、申し訳ありませんが京都市近郊の大家様、ビルオーナー様に限らせて頂きます。

メールでも受付しております。

E-mail : daisuke@manshitsu-kyoto.com

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。