@自宅にて

 

 

こんにちは、プランナーノリコです。

 

連休はどのようにお過ごしでしたか?

3連休なので、どこかにお出かけ…、なんて予定をしていたのに、この寒波で行けなくなった。

という方も、周りにおられるんじゃないでしょうか。

 

本当に寒い日が続いていますよね。

 

私は、この連休にとうとうなってしまいました。

 

インフルエンザです。

しかも、A型。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

本当に流行っていますよね。

 

子供の学校では、感染者をこれ以上増やさないように、部活動が中止になるほどインフルエンザの感染が増えています。

 

その感染者の1人が、我が子でした。

 

先々週末に家でゴロゴロしていた子が、なんだか様子がおかしい。

 

我ながら、「さすが母親!」と思ったほどです。

本人も、びっくりしていました。

 

体温を計らせると、39度を超える高熱。

 

「マジか…。」と。

 

その日は休みなので、とりあえず週明けに病院へ連れて行くと、案の定の結果でした。

 

移らないように、こちらは必死に努力するんですが、横で「ゲホゲホ、ゲホゲホ」。

「お願いやし、マスクして」とお願いするんですが、またしばらくするとマスクを外して「ゲホゲホ、ゲホゲホ」。

 

そこからはもう必然ですよね。

手洗い・ウガイをするも、家の中に菌をまき散らすので、意味がなく。

 

3日後には、関節の至るところに痛みが。

 

「あぁ、これはもう、絶対移った」と、病院に受診すると、

「うーん、まだインフルエンザの反応は出てないねんけどねぇ…どうする?」と医者に言われてしまいました。

 

『え? どうする?て言われて、どうしたらええの?』

って感じですよね。

 

「まあ、インフルエンザの薬飲むんやったら、飲んどいてもいいと思うねんけど、どうする?」って。

えぇ?そんな感じ?ですよ。

 

このまま帰って、結局また熱上がって、また病院に来てってするのか?

でも、反応出てないのに薬飲んでもいいのか?

そもそも、熱があるだけでインフルエンザじゃ無いかもしれんやん?

 

など、一瞬の間に人っていろんなことが、頭の中をグルグルするもんですね。

 

「まあ、薬を飲む選択をするってことは、インフルエンザやってことになるねんけどな。」

って医者に言われて、

『へ?そんな感じなん? それって私がインフルエンザかどうかを決めるってことやん』て感じです。

 

で、結局また病院に来るのは面倒やし、ということで、薬をもらってインフルエンザとなりました。

 

その後も熱が上がり、子供の症状が軽くなっていくのに反比例するように、私の症状はひどくなる一方。

 

でも、子供はお腹が空くので、どんなにしんどくてもご飯を作って、薬を飲ませて、起きてる間はリビングで付き合わないと、とゆっくり寝てもいられない。

 

子供も、私がゲホゲホ咳をしていると、「お水入れようか?」と気遣ってくれる。

 

そんな時、ふと思ったんです。

 

これ、一人暮らしの人は大変だろうな、と。

 

私も、子供のためだからご飯を作って食べますけど、自分だけのためにできるかな?と思うと、そんな気力はないと思うんですよね。

 

お腹は減るけど正直食欲もないし、寝てていいならずっと寝てたい。

でも、食べなきゃ栄養も体力もなくなってしまう。

水分補給もままならないかもしれません。

 

熱はなかなか下がらないし、身体中の関節は痛いし。

 

インフルエンザだからこれで済んでるけど、もっと重い病気になったらどうするんだろう?なんて考えてしまいました。

 

孤独死って、人ごとだと思っていましたけど、人ごとでもないなと感じました。

 

いずれ、それほど遠くない未来に子供は独立し、1人で生活することになったら。

そういう心配もしないといけないんだなと思います。

 

これからの日本。

近所づきあいが希薄になっていますから、孤独死は増加の一方なんだろうな。

 

どんな対策を取ることが必要か、考えさせられた一件でした。

 

あなたは何か対策されていますか?

 

プランナー ノリコ