@スタバにて

 

 

Do It Yourselfの略語で、D.I.Y。

いわゆる、工事会社や職人など、プロの施工ではなくて、素人工事のことですよね。

 

最近では、ホームセンターの品揃えが充実し、しかも、店舗数も増加。

 

そのことから、「オレがやる!」と意気軒高に、オーナーが自ら工事をされる物件もあります。

あっ!オーナーが自ら工事する際、気をつけてほしいのが、資格が必要な工事には、手を出さないということ。

 

例えば、電気工事。

工事内容によっては、危険も伴います。

また、もしその部分が原因で、火災等になれば、目も当てられない…。

気持ちはわかりますが、ご注意を。

 

あと、「これくらいなら、オレでも出来るのに、こんな費用がかかるのか?」と思うときもあると思います。

確かに、職人でなくとも出来る工事は、たくさんあります。

しかし、その場の応用の逃げが出来たり、組み合わせたり、綺麗に仕舞いをつけたり。

そこはプロなりのことはあります。

 

しかし、さっきもいいましたが、プロでなくても出来る工事もあります。

 

どうしても、工事費用を落としたいときは、ご自身でやれることをやる、ていうのは一つ。

でも、そう言って、よくあるのが、本工事の邪魔になってしまい、思いの外、あまり費用が落とせないことが多いです(汗

 

話は戻って、DIY可能な賃貸住宅が、一部の方に人気が出てきてます。

 

とはいえ、実際にはDIY可能な賃貸物件を探す方は、全体の中からみれば、非常に数は少ない。

そのため、仲介会社も、どういったアプローチ方法がいいのか?

契約の進め方、契約書の内容をどうするのか?

など、問題や課題が山積しているというのが現状みたいです。

 

DIY可能な賃貸物件を貸し出すときも、スケルトンでやるのか?

古い物件だからそのまま好きにして、とするのかなど、物件によっても対応が異なってきます。

 

確かに、選択肢の一つとして、面白いと思いますが、事前に決めておくことが多く、リスクの確認も必要でしょう。

 

例えば、退去時は原状回復をしてもらうのか、しなくてもいいのか。

内容によっては、DIY可能な賃貸物件を探している人に、何も魅力的に映らないことも、予想できます。

 

しかも、実際に何をされるか分からない。

原状回復といっても、本当に元に戻せるのか?など。

 

工事費用の負担も検討しなければいけません。

 

また、実際に工事をするのが、入居者がするのか、入居者が発注する工事会社なのか、オーナーの指定工事会社で施工をするのか。

 

このあたりで、運用面の安心感は、全く違うかも知れませんね。

 

でも、こういったDIY可能な賃貸物件を探すのは、100人に1人くらいの割合かも知れませんが、ハマればライバルが多くいません。

 

そう意味では、少々のプレミア家賃でも、勝負できるかも知れませんね。

 

 

なぜ、こんな話をしているのかというと、本日お会いしたオーナーと、DIY可賃貸物件の話し合いをしてきたからです。

 

あなたの参考例になればと思いまして。

 

DIY可賃貸物件の貸し方について、もう少し煮詰めていきます。

ただ、基本的にはそのオーナーは、現状の空き部屋はDIY可賃貸物件にされます。

 

その際の工事は、ウチにご発注していただくことが前提となりました。

工事費用のうち、上限を決め、その部分はオーナーにお支払いいただきます。

 

しかし、その超過分は、入居者負担となります。

 

このお部屋は、設備なども古くなり、リノベーションまでしなくとも、ある程度大きな工事が必要なことは、避けられません。

 

そこで、このような話に落ち着いた、ということです。

 

これだと、オーナー側の予算もコントロールが出来ますから。

 

 

あなたは、DIY可賃貸物件をどう思いますか?

 

―岸下 大輔