@自宅にて

 

 

最近、耳にしたり目にしたりする情報で、増えたなぁと思うのが、物件情報なんですよね。

 

物件情報といっても、どんな物件情報かといえば、収益物件を買いませんか?の方です。

 

一時、全然といっていいほど、情報が入ってこなかったのです。

でも、最近は結構な頻度で、入ってくるようになりました。

 

ただ…、その情報を見てると、やっぱり高い気が…。

 

だから、市場の動きを静観って、手もありますげど。

 

 

軒並み、利回りも低いまま。

もちろん、建物価格が高いから、利回りも悪くなるんですけど。

 

まぁ、この利回り。

低い低いっていっても、どこに基準を置くかによって、考え方は変わりますけど。

あまりにも利回りが低いと、融資金利が上がったときに、収益が吹っ飛んでしまいます。

 

かといって、田舎地方にある高利回り物件は、見ていると怪しいのが多い。

 

もちろん、現地に行ってみないと、本当に物件内容がいいかはどうかは、全く分かりませんけど。

 

良い物件との出会いは「千に三つくらいしか良い物件に出会えない」っていったりしますから。

 

 

その増えてきている売却情報。

売却される方の理由を聞くと、ほとんどが資産整理の一環。

 

確かに今は、不動産価格が上がっているので、場合によってはキャピタルゲインが狙えますもん。

 

 

ただし、その情報についてくる、融資条件がやっぱり厳しい(汗

必要条件で年収もそうですが、最近の流れで、自己資金を結構入れていかないと、やはり購入は難しいかと。

 

そういう物件が、今後も増えていくんでしょうね。

こうなってくると、物件規模を拡大したくても、なかなか出来ないのが実情。

 

逆に言うと、資金力がある、銀行から資金を引っ張れる人は、ライバルがいないので、ある程度交渉もできます。

 

これが、買い手がたくさんになると、もちろん交渉ができないどころか、もっとスピードも求められます。

 

焦って判断ミスをしたり、足元を見られたり…。

 

そういう意味では、規模拡大を考えているのであれば、普段から銀行さんとの付き合い方も、うまくやっておかないといけませんよね。

 

あっ、結構あるのが、「こっちは、うまくやっている」と片思いのパターン。

 

銀行にいけば、「社長、いつもお世話になってます」なんて言葉を鵜呑みにしてはダメですよ。

他の人にも同じようになってますし、あなた以外にもたくさんの顧客がいるはず。

ご注意を。

最低でも2ヶ月に1回、多い時は毎月のように、銀行の担当マンと顔を合わすオーナーがいます。

 

物件の規模拡大を考えるなら、この辺の根回しがとても重要です。

 

長い先を見たとき、AIの進出が多分に含まれる金融業界。

なので、こういうことも、少なくなるかもしれません。

ただ、今の時点では融資を引っ張りやすくするために有効な手段の1つ。

 

特に今は金利が低い。

とはいえ、物件価格は高止まり。

 

そんなうまく、両得ってのは難しい…

 

でも、その市場の中で、いい物件があれば、買いですよ。

物件のパイが増えてきてますから、その可能性も十分あります。

 

もしあなたが物件を拡大するお考えなら、そのお買い得チャンスに対応できる準備は大丈夫ですか?

 

 

―岸下 大輔