@スタバにて

 

 

昨年、積水ハウスが、ある地面師にやられました。

 

その被害総額は、なんと55億とか63億とか。

その責任を、当時の会長と社長が擦り付き合い、かなり悲惨な状態に。

 

結局、解任動議が出て、当時の会長は辞めさせられました。

 

どんな事件だったかといえば、絶対に売りに出ないと言われていた、JR五反田駅から徒歩5分の好立地の物件が、売りに出させることに。

 

この物件、実は所有権などの権利関係も、めっちゃ綺麗な状態。

手に入れれば、その後の工事も非常にスムーズ。

 

しかも、またと無い好立地に、どこも落とせなかった物件というプレミアもつく。

 

いろんな意味で、魅力が満載の物件だったんですね。

 

それが、あるコネクションから売り希望の話が出てきました。

その話自体、すでに地面師の詐欺にかかったもの。

 

その地面師のやり方が巧妙で、最初に積水ハウスの何億もする分譲マンションを購入。

それで、さらに積水ハウス側が信用してしまい、結果として、周りが見えない状態になってしまった…と。

 

詳しくは、こちらで↓をクリック。

 

 

まさに、こんなドラマみたいな話、あるわけないやろうって感じです。

本当に漫画みたい。

 

積水ハウスといえば、建築や不動産などを手広くやり、売り上げは全体で2兆円を誇る、有名な大企業。

 

実は積水ハウス、私も昔、大学の就職活動で面接を受けたことがあります。

その説明会や面接会場で、関関同立と言われる関西のトップ有名大学から始まり、優秀と言われる大学の学生がたくさんいました。

 

中には、いかにもアメフトやってて「バリバリ体育会系!」って彼も。

めちゃくちゃ、ハキハキ喋ります。

 

いかにも、上司や客層となる少し年齢の高い方々から、受けも大変良さそう。

少し話すだけでも、頭の回転が速い、頭が良いというのが、すごく伝わってきます。

 

ここに、すごい情熱を持って、面接に臨んでくる。

 

そんな彼らが、憧れて入った会社。

その彼らを束ねる、優秀な頭のキレる人たち。

 

そんな人たちが集まって、あの一部上場企業は成り立っています。

 

そして専門分野は建築と不動産。

そんな会社が地面師の詐欺にあった。それもかなりの巨額。

 

こういう地面師詐欺の厄介なところは、偽造が精巧過ぎて、騙す気がない人も騙す側になってしまっていること。

 

一歩間違えれば、自分もなりそう…。

 

特に弁護士や司法書士、不動産鑑定師など、社会的地位がある公的資格を持っている、そんな人たちも、気がつけば詐欺に加担している。

 

そんな状況になってしまいます。

 

まさしく、「誰を信じればいいねん!」と言うような話ですよね。

 

気をつけなければならないのは、こういった話は、「どっか遠くの世界にあるとは限らない」と言うことです。

 

気がつけば、自分が話の真ん中にいる。

なんてことは、今は誰にでもあり得る話です。

特に、あなたのように、資産を持っている方に関しては、充分注意が必要です。

 

もしそこまでの資産はないよ、と思っているなら、その気の緩みや警戒心の無さに、あいつらは付け入ってきます。

 

本当に、こういった話はご自身で、警戒してもらう以外にありません。

 

その上で、もし何か怪しいと感じることがあれば、ウチの事務所まで連絡ください。

 

連絡はメールや電話で結構です。

 

 

建築や不動産に関わる人間の1人として、あなたの資産を守ることができれば、幸いです。

 

 

とは言え、やはり基本は、自己防衛しかありませんよ。

 

あなたは、ご自身の資産を守るために、どのような自己防衛策をとってますか?

 

 

ー岸下 大輔