@自宅にて

 

 

「マンションが高い」って言葉を聞いたら、あなたはどんなイメージを持ちますか?

 

高層マンションの高さより、やっぱり、マンションの売買価格が、先に思い浮かびますか?

 

そんな気がします(笑

 

そのマンション、おそらくあなたなら、一棟マンションを思い浮かべてませんか?

 

でも今回は、区分マンション。

いわゆる分譲マンションの話です。

しかも、一部はめちゃくちゃ個人的な話です(汗

 

いつもとは違う、ちょっと箸休め的な内容なので、興味ない方はスルーしてくださいね。

 

 

私、岸下が生まれ育ったのは一軒家。

中学生で引越しを経験しましたけど、それも一軒家でした。

 

社会人になって初めて、一人暮らしをはじめることになり、アパートに住むということを経験しました。

 

その後に賃貸マンションなど、賃貸続きです。

という私も、一軒家を所有していたこともあります

 

で今は、賃貸に戻っています。

なんだかんだと、結構、引っ越し回数の多い私。

 

ただ、今いる場所は、ぼちぼち年数も経っており、もう引っ越してもいいかな?と思ったりしています。

 

では、次どこに住むことを考えているのか?

 

ということで、年齢も年齢なので、次は賃貸ではなく購入するかと物件探しをしていました。

 

といっても、私は建築業界の人間。

やはり一軒家にしようか…と思う反面、収益物件を運営されているあなたと一緒に仕事をしていると、一軒家より転売・賃貸など運用方法に活路を見出しやすい、マンションの方が良いのか?とある意味、選択肢が多すぎていろいろ悩んでいます。

 

その流れで、区分マンションをメインに見て回っているのですが、感じる事は一言で言うと「マンションの価格が高い」。

 

新築も見に行ったのですが、デベロッパーの営業マンと話しをしていると、「数年前に購入されて、買い替えを検討される方が言われることがあります」と言うんです。

 

それは何ですか?と聞くと、「マンションの価格が、かなり上がっている」と、皆口を揃えて言うようです。

 

実際にここ数年、京都全体で区分マンションの価格が、ぐんぐん高騰してます。

 

新築にこだわりがあるわけではなく、中古マンションも見て回っているんですが、こちらも高い!

 

 

で、いろいろ相談したり、不動産屋からヒヤリングしてわかった事実が1つ。

 

新築〜10年、もしくは15年までの築年数で、高級仕様を売りにしている区分マンションは、かなり強気の金額を提示しています。

築浅物件は、特にそうです。

 

新築の価格が高騰しているから、マンション価格に対する感覚が狂ってしまっている証拠でしょう。

元々が安かったものが、高く見えている状態。

 

場合によっては、購入時の金額より、高い値段で売り抜ける可能性もあります。

 

傾向としては、当時、高級仕様にしつつ、割安で売り出したマンションだと、まさにピッタリはまる物件だと思います。

 

そういう区分マンションが、実際に売買もされているので、ガッツリ利益も出たんじゃないでしょうかね?

 

 

そういうことを知っていると、個人的物件としては、非常に買いにくい(涙

でも物件を買うなら、今のこの超低金利はとても魅力です。

 

非常に、悩み中です(汗

 

今は区分マンションで話していますが、一棟マンションでも同じことが起こっています。

 

軒並み、物件価格が上昇しています。

このバブル状態が、いつまで続くのか?どれだけ上がっていくのか??は、誰にも正確に判断することは出来ません。

 

ですが、それを引いても、もしかすると、今までの収益に更にキャピタルゲインを得られるかも知れませんよ。

 

しかも、そのキャピタルゲインは、相場観をどう読むか?というところもあり、それはあなたの腕次第ですよ。

 

 

―岸下 大輔