@オフィスにて

 

 

4月に入って、いい気候が続くなぁ~…と思っていると…寒の戻り…

体調を崩しそうですが、お元気でしょうか?

 

桜も、少し前の大雨で、だいぶ散ってしまい、葉桜になってきましたね。

ちょっと寂しい感じです。

 

あなたは、お花見は出来ましたか?

京都は、ここが桜の名所!と言われている場所に留まらず、見どころがたくさんありますよね。

 

私は宴会はやっていませんが、夜桜を見に行きましたよ。

やっぱり、何度見ても桜は綺麗ですね。

 

お花見じゃないですけど、事あるごとに、切り替えのリフレッシュはしていきたいものですね。

 

 

さて、4月の中旬に掛かりそうなこの時期。

先月までの繁忙期での入退去はうまくいきましたか?

 

至るところで、人手不足が言われており、退去立会いや引越しに工事など、うまくいかない部分が様々あったかと思います。

 

ウチでも、ここで書けるような話しもあれば、書けないような失敗談もありました(汗

 

そして、今年もかなり頑張って、空いた部屋を埋めるように努力されてきたかと思います。

 

 

満室にすることが出来たオーナー

あともう少しというオーナー

なかなか苦戦中というオーナー

と、状況は十人十色かと思います。

 

 

そこで、今日は岸下から見て、総じて上手くいっているオーナーがどんな事をされているのか、少しご紹介したいと思います。

 

ただし、最初に一言、お伝えしておきます。

ちょっと衝撃的な一言というか、よく考えれば、「そら、そうやわなぁ」と思うことですが…

 

実は…

 

「これだけをやってれば、上手くいく」という、必殺技的なものはありません。

いくつかのことを、複合的に組み合わせたり、テスト的に繰り返し行ったりすることで、寄せていくというのが実情です。

 

うまくやってる人を見ると、何か秘密がありそうな気がしませんか?

 

ちょっと話しは違いますが、めちゃめちゃ大儲けし、稼ぎまくってる人。

少し前の有名どころであれば、ZOZOTOWNの前澤社長何かはそうかも知れませんね。

 

どうして、あんなに儲けて、稼ぐのか?

なんか、すごい秘密がありそうじゃないですか??

 

実は、そういう何か秘密というよりかは、様々なことを地道に組み上げていった結果が、現在の形となっています。

 

もちろんその中には、時間のかかるものや費用のかかるものもあります。

中には両方かかるものも。

 

これは、賃貸事業においても同じです。

 

でも、その積み上げた一つ一つを、「秘密」と言うのであれば、確かに秘密はたくさんあるかもしれませんけどね。

 

 

その中で、お金の掛からないものを1つ紹介します。

 

それは、仮に満室になったとしても、募集活動を続けるということです。

 

確かに、広告は出すことができませんが、管理会社へのアピールは可能です。

 

もし、自主管理をされているなら、定期的に仲介不動産の店舗に顔を出し、情報収集を重ねたり、差入れをして接待をするなど、アピールを続ける。

 

要は、仲介に関連する方に、物件を忘れさせない。

 

 

管理会社の担当者や仲介不動産屋からしても、空いたときだけ必死にアピールされても、通り一辺倒の対応しか出来ないですから。

 

営業を経験された方や営業現役の方からすれば、売り込む商品のイロハを知り尽くした上で、お客様に合わせて個別対応をするからこそ、成約率が上がるのは、ご存知の通りですよね。

 

この原則に見合う行動を、取ってもらうことが出来ないし、成約率アップに繋がりにくい。

 

こういったことを踏まえて、満室になっても募集活動を続けているんですね。

 

もしかすると、そのまま入居待ちを作ることができるかも知れませんよ!

 

ちょっとしたご参考になれば幸いです。

 

 

―岸下 大輔