@オフィスにて

 

 

4月になりましたね。

あなたの物件の入居は、どうでしたか?

 

特に、学生向けマンションやアパートを運営されている方は、本当に正念場だったと思います。

 

で、入居が決まり引っ越しが終わると、オーナーとしては、そこで終了!と思いたい。

でも実際には、入居してから、「大家さん、あそこが…」「こちらに不具合が…」と細々した問題が出てくるのは、ホント毎回のこと。

 

中には、「嘘つけ!」と言いたくなるようなものもありますが。

 

いずれにしても、あと少しです。

がんばりましょう。

 

 

もし、あなたの物件が、もう一歩、決まりきっていないなら、焦らなくても大丈夫。

もう一度深呼吸しましょう。

 

で、ご自身の物件を、改めてチェックです。

可能なら、第三者にも同行してもらいましょう。

 

何が足りないのか?もう少し何をテコ入れした方がいいのか?など、次に進み出すことが大事ですよ。

 

その上で、「ネーミング」にも注意しましょう。

 

 

「ネーミング」というのは、非常に強力です。

どういうことかというと、会社など何でもそうですが、例えば会議をするとします。

 

その際、「営業会議」とした場合と、「4月限定、20代男性、単身者向けの特別キャンペーンについて」とした方が、より密度の濃い会議になるという調査結果が出ています。

もちろん、時間の短縮にも繋がります。

 

このネーミングは、どの種類にも活用ができます。

実は、このネーミングで、世界中が一気に不況になった例があります。

 

その不況の中を、あなたも生きて来られました。

なんだか、わかりますか?

 

それは、「リーマン・ショック」です。

 

ウィキペディアには、

リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ。

とあります。

 

リーマン・ブラザーズ証券が、世界中に直接の影響力を持っていた訳ではありません。

この「世界レベルの大手証券会社が破綻した」ということを、このネーミングの力によって、世界中に「不況になる」とイメージが広がり、世界中の多くの方が不安に思っていたことが、現実になりました。

 

景気の「気」は、気持ちの「気」ですから、気持ちの影響を多いに受けます。

 

 

ネーミングが大切なことを、ご理解頂いたと思うので、話しを元に戻しましょう。

 

管理会社の担当マンは、入居後も、様々な業務に追われています。

 

その担当マンからみても、漠然と「大きな問題」と捉えられるような、時間の掛かるような話し方や伝え方だと、こちらの言うことを聞いてもらえません。

 

だって、その担当マンは、ほかのオーナーの物件も担当していますから。

 

その担当マンの中で、知らぬ間に作り上げた、各オーナーへのパワーバランス、上司との関係から、どの物件のどの問題から着手すべきか?責任をもつのは?他の人に振るだけ振って責任を取らないのは?など、一瞬で判断しています。

 

これって、人間が無意識に判断しているんですよ。

 

だから、さっきのネーミング。

内容を絞り込み、漠然で時間が掛かりそう、邪魔くさそう…と敬遠させるのではなく、ネーミングで内容をイメージさせ、伝えるようにする。

 

事前に、誰の協力が必要なのか、どうするべきなのか?も判断がつくようになります。

 

 

何もこれは、他人へのことだけではありません。

ご自身に対しても同じです。ネーミングにより行動が取りやすくなります。

 

そして、ネーミングは何に対して有効です。

良くすることも、悪くすることも。

 

あなたは、このネーミングをつかって、最後の空室をどう埋めますか?

 

 

―岸下 大輔