@オフィスにて

 

 

世の中には、完璧なものなんてないですよね?

 

これが、工業製品であったとしても、です。

確かに、その「瞬間」「ある程度」「一定の期間」は、完璧かもしれませんが、それが一生涯に渡って続くことは無い。

 

もちろん、人も同じです。

人だから、といいますか。

 

もちろん、私だって情報発信者の一人として、こうやって記事を書いてますけど、全然完璧じゃないですよ。

 

知っている知識や情報も、タイミングがズレてしまうと、どうってこと無い内容になったり、はたまた間違った内容になってしまうことも。

 

 

でも、思いがちなんですよ。

任せていると、完璧にやってくれてるって

 

仮に、完璧でなくても、ある程度はそれに近い状態までやってくれてるって。

 

でもね、そんなことないんですよ。

 

で、その完璧でなかったことを後から見つけて、「任せたのに」とかって話を言っても、それは「後の祭り」。

 

このことは、工事では、結構よくあることなんですよ。

だから、現場管理が必要になってきます。

 

指示して、任せて、あとは完璧にやってくれてる…と思ったら、おっと…(汗

 

なんてことも、たくさんあるんです。

 

 

こういったことを、少しでも防ごうと思うと、あなたならどうしますか?

 

いくつかやり方があると思うのですが、私の場合は、ある程度の予測を付けて、自分で確認をする。

 

誰かを、通じての確認でもいいんです。

ただ、そこだけで終わらせない。

 

「そこも含めて、任せてるんだ」

といっても、やはり完璧では無いですからね。

 

 

なぜ、私がこんなことを書いているのか?というと、今日ある現場に行った時、あることを発見したんですよ。

 

そこの物件は、大手の管理会社さんが管理されています。

そのオーナーご自身も、ある程度、その管理体制に満足をされている物件。

 

でもね…

ん?!

 

と思うくらい、ゴミとなった折込チラシが散乱してるし、ゴミステーションに入居者が勝手に家電を置きっ放しにしてるし、ペットボトルなどが溢れかえっているし。

 

しかも、チラシは自転車置き場の方まで飛んでいって、タイヤの下に挟まって、飛んでいかないように固定されちゃってるし…

 

と思って、自転車置き場を見ていると、これ絶対放置自転車って自転車が何台かある様子。

 

で、またこういうことが目についたり、クレームに発展したりする時って、完璧だと思ってたところから、ほころびが生じてうまくいかなくなったときに、起こることが多いです。

 

まぁ、感情的になるといますか。

 

ですので、任せてはいるものの、必ず自分でも確認をする。

 

もし何か発見した時も、感情的にならないこと。

だって、感情的になると、相手を追い込んでしまい、次はスムーズに動いてくれなくなってしまいますから。

 

場合によっては、こちらでやってしまうことも。

 

例えば、それが管理会社であれば、

「こっちが金を出してるんだから、それぐらい当たり前だろ」

と言いたい気持ちはわかりますが、そこに目くじらを立てても、マイナスなことしか起きません。

 

そういう場合は、理路整然と、メモか何かで管理会社さんに連絡。

 

お詫びの連絡が入ったとしても、その時も冷静に、「次はよろしくね」と。

 

 

この繰り返ししか、ないんですよね。

完璧ってないですから。

 

これからの賃貸経営は、ホントにチーム力が必要かつ重要です。

 

その大切な仲間の1人です。

うまく活かせるかどうかは、あなた次第です。

 

あなたの物件は、大丈夫ですか?

でも、ゴミはこの内覧の多い、入居シーズンにはキツいですけど(汗

 

 

―岸下 大輔