@自宅にて

 

 

今日の話は、愚痴のような話しからのスタートです。

 

興味ない方は、スルーされる方がいいかもしれません。

いろいろ、批判したくなる内容でもあるでしょうし…。

 

しかし、ある資産家の方から教えていただいた言葉が、目の前で証明されて、ちょっと怖い気になったりもしています。

 

これは、自分への戒めも含めて書きますね。

 

 

先日ある工事の打ち合わせをして、見積りの話しまでしました。

「で、いくらまで安くなるの?」

このオーナーが、毎度言う言葉の1つです。

 

打ち合わせの中で、実施しない内容もあり、大きく減額方向に。

 

その内容で再見積りをし、金額を連絡したときに言われたことが、

「わかった。じゃぁ〇〇円でやってください」

 

ん?

 

その金額を例えて言うと、「税込み50万円を税込40万円でやって」という感じ。

 

それでは全く内容が違うし、請負額が小さいので、引くものも引けない。

特に今回は、ほとんどが人件費。

下げるにも限界があります。

 

確かに、素人に近い職人を使って下げる方法も、無くは無いですが、そんな仕上がりでいいの?という感じです。

 

こちらが承諾しないと、「今までも発注してきたんやし」「これからも発注すると思うし」など、一方的に言うことを聞けと言わんばかり。

 

これまでも発注はいただいてますが、毎月でも、毎年でもありません。

これからも発注するとおっしゃってますが、次はいつですか?と聞いても言葉に詰まる様子。

 

感謝はしていますが、グロスで考えろと言われても、続きで工事に掛かれないなら、それはやはり難しい。

 

じゃぁ、なんぼなら引けるのか?と聞かれたので(内心は見積書通りですという話ですが)先程の例で言うと、48万円と答えると、それじゃ足りないから45万円に。

そんな感じでした。

 

渋々、了承したものの、その後も内容が手間の掛かるようなものに二転三転。

その変更分も払ってもらえるかどうかわからない状態。

 

「正直、工事するの嫌やなぁ」と思っていました。

 

ウチとて、業界一安い!とは思っていないです。

しかし、可能な範囲で企業努力をし、職人との友好な関係づくりや、価格帯の維持もしくは下がるよう心がけています。

 

ただ、適正利益も必要です。

それがあるから、あなたのお役に立ち続けることもできる。

 

でも最近は、職人が売り手市場。

値段を叩こうものなら、職人の方から離れていきます。

 

それにウチとしても、その値交渉がキッカケで、その職人たちが離れていけば、工事を受けて回すことができなくなる。

 

それに、変な手の職人を入れると、結局、後始末などの手間や時間、人件費が別に掛かり、マイナスが大きくなる…。

 

なんて、フラストレーションを抱えながら悩んでいると、また電話が鳴りました。

第一声が「大変なことが起こりまして…」から始まりました。

 

他の物件で水漏れをして、急遽そっちも工事が必要。

こっちもやって欲しい、というのです。

 

結局、片や値段を叩いてお金を浮かせた分、他の場所でお金を落とすことに。

 

 

実は、ある資産家の方から教えてもらった、教訓があります。

「お金はブーメランなんだ」

ということです。

 

どういうことか。

 

お金を使うとき、望む・望まないは関係なく、何かしら形で自分のもとに帰ってくる。

 

良い使い方をしていれば、利益になるものを連れて帰ってくる。

悪い使い方をすれば、損失を連れて帰ってくる。

それが、時間がかかる場合もあれば、すぐの場合も。

 

この電話を受けたとき、このことが頭をよぎりました。

 

ちょっと怖い…。

 

確かに、その資産家の方から、値切られたことはありません。

逆に、こちらが、別のサービスをしたくなるほど。

 

是非、気をつけていきたいところです。

 

 

―岸下 大輔