@オフィスにて

 

 

最近、怖い事件、多くないですか?

 

怖いっていうのは、人によって様々あると思うんですけど。

例えば、命の危険を感じるほどの怖さ、恐怖、と言えば伝わりやすいでしょうか。

 

毎日のように、子供が親を殺したり、そのまた逆であったり。

 

それは、一緒に住む人間同士のいざこざもありますが、それだけでなく、強盗や暴行なども、ニュースになります。

 

先日も、新潟に住むご当地アイドルが、襲われた!とニュースになってましたが、あの危険はどこにだって起こる可能性があるし、誰にだって起こる可能性がありますよね。

 

ホント、いつ誰が、怖い思いをするかわからない時代です。

 

その辺を反映してか、人気の設備ランキングに上がってくるのが防犯対策。

実際に、防犯対策がされている物件は、人気があるのは、納得の話ですよね。

 

同じ「住む」という行為に、「安心」が加えられるなら、やはりそちらを選びますよね。

買えるものなら、安心がある方がいいと。

 

実は、2018年の入居者に人気の設備ランキングを見てみると、入ってますよね。単身者向けでも、ファミリー向けでも。

 

何かと言えば、エントランスのオートロックが、ともに3位。

またホームセキュリティーも、共に6位となっていました。

 

 

確かに、無いよりあったほうがいいですよね。

 

それに、最近の新築は、そういう設備が最初から設置されているから、さらに差が開く…。

 

 

防犯カメラも、一昔前は価格を安くするために、ダミーの防犯カメラを設置することもありましたけど、最近はちゃんとしたカメラをつける方が多い。

 

そのカメラですが、最近は昔のように、管理人室にレコーダーを準備して等々など、管理人室がなければ設置ができない、なんてこともあったんですが、最近はかなり進歩しています。

 

ワイヤレスタイプで画像を飛ばすものや、インターネットを経由してカメラの映像をリアルタイムで確認することができたり。

 

もちろん、そういったタイプだと、商品によっては費用結構掛かるものもありますが、全般的に費用は下がってきている印象です。

 

 

また、何もカメラだけが、防犯対策ではありませんよ。

 

先ほどの人気設備でも言いましたが、エントランスにオートロックという手もあります。

 

ただ物件によっては、フルオープンになっており、オートロックを新設するのが難しいこともあると思いますが。

 

ほかにも、インパクトは弱くなりますが、モニター付インターホンやディンプルキーに交換するのも一つです。

 

このあたりは、やはり、無いよりある方が、断然良いでしょう。

 

 

あとは、防犯で大事な点は、視覚的なことにも訴えるということなどです。

 

強盗などは、突発的に部屋を選ぶのではなくて、事前に物件や部屋をかなり入念に調査するみたいです。

 

その物件に入りやすいのか?入りにくいのか?

狙うようなターゲットがいるのか?いないのか?

自分が逃げ去るときに、逃げやすい物件か?逃げにくい物件か?

など。

 

どちらにしても、物件のセキュリティを高めることは、安心した賃貸経営に繋がります。

ここは意識付けをやっていきたいところ。

 

会社の事務所や、商品を保管する倉庫のセキュリティを、気にしない方はいませんよね?

様々大切なものがあるから、当然だと思います。

 

賃貸経営でいうならば、物件の防犯対策となります。

 

 

あなたの物件は、セキュリティー対策は、万全ですか?

 

 

―岸下 大輔