@トスクホームにて

 

 

昨日のメルマガやブログ記事で、入居者の絞り込みについて書きましたが、そのことについて、ちょっとご質問がありました。

 

せっかくなので、ここでお答えさせていただきます。

 

ちなみに、この内容はあなたのビジネスにも有効ですよ。

ぜひ、応用してくださいね。

 

 

「物件に入って欲しいと考えるとき、ターゲットとして入居者を絞った方が良い」という話はいつもしています。

 

そこで出てきた質問内容が、

「なぜ、そんなにターゲット絞ることを勧めるのですか?」

です。

 

これには、いくつか理由があるんですよ。

 

それは昨日も言いましたが、本質的には誰でも良いというものは、誰でも良くないんですよ。

 

それは、相手側も同じ。

こちらの発信が「誰でもいい」のであれば、受け取り側も誰でもいいと伝わります。

それはイコール「私でなくても良い」に繋がっていきます。

 

それに、このターゲットを絞ると言うやり方ですが、昨今さらに必要性が増しているように感じています。

 

なぜなら、今は物件を指名で選んでくれる方が増えてきているからです。

これは「個性を出したい」というだけではなく、良い意味でのネットの影響です。

 

インターネットでは、あらゆる情報が流れています。

もちろん、良い情報も間違っている情報も含めて、です。

良し悪しの判断がつき難いような情報も、たくさん流れてますので、本当に注意が必要ですが。

 

この情報過多状態の中から、ネットの利用者は、自ら欲しい情報を自ら検索してきます。

 

あなたも、インターネットを利用する時、自らキーワードを入力しますよね?

あの検索バーの中に、探したいキーワードを打ち込む、あれです。

 

大勢の方が欲しそうな情報をまとめたり、情報発信のベースとして名を馳せているのが、Yahoo!サイトとかが一番身近だと思います。

 

 

先ほども言いました、自ら『検索』をするんです。

探したい側が自らの個性や考え、思いつきを活かしながら、様々なキーワードを入力していきます。

 

 

 

例えば、賃貸物件であれば、物件検索のサイトに希望する条件にチェックを入れて、『検索』をしていく。

 

我々は、賃貸物件というお部屋や空間を貸し出し、賃料収入を得ていくビジネスです。

それも、物件ごとに立地条件・家賃・内装・間取りも様々な違いがある。

 

この双方を、結びつけなければなりません。

 

その時に、「誰でもいいから」という物件は、やはり相手にされない。

 

昨日も書きましたが、〇〇大学の学生さん、だけでは弱いんです。

「故郷が福岡の方」とか、もう一つ以上はキーワードに欲しいところ。

 

ここでヒントを一つ。

「地方出身者」とするのも1つではありますが、ただそれもちょっと弱いかと思います。

 

そもそも、大学の入学が決まり実家から出てきた方が、自らが地方出身者だという認識がなければ、そのキーワードは検索しません。

 

 

このターゲットの絞り方は、入ってもらいたい入居者から絞り込んでもOKです。

また、あなたが考える物件に合うのは、こういう方だと決めてもいいでしょう。

 

ちなみに、ここの差は悩むところです。

入ってもらいたい人と、入る人は違ったりするのが現実ですから。

 

でも、目指す目標は、「入って欲しい人」でしょうね。

 

 

ちょっとは、ターゲットを絞り込むことの大事さを、ご理解いただけたでしょうか?

 

 

―岸下 大輔